« カメラの動作音 | トップページ | 風に揺られて »

2008年3月31日 (月)

嘆きの霧

●Docomo、SoftBank
高画質版(330キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら

平野部ですら冬を思い出すような寒さだった今日、やはり山には雪の姿が。
音を聞くと雨が降っているようなので、未明に降っていた雪が雨に変わったのでしょう。

今日はいい感じの霧も出ていますね。映像の最初では稜線付近の部分が比較的はっきり見えますが、次第に霧が立ちのぼり、覆い隠されていきます。
かつて日本では、霧は人々の悲しみ・嘆きの『息』が立ち表れたものと考えられていました。これは、古来日本では自然の風景や現象が人と同化した存在として認識されていた、ということの一つの例と言えるでしょう。
目の前の存在を覆い隠してしまう霧……今日の映像は、まさに『嘆きの霧』という言葉にふさわしい絵ではないでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« カメラの動作音 | トップページ | 風に揺られて »

矢竹カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘆きの霧:

« カメラの動作音 | トップページ | 風に揺られて »