« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月

2008年6月30日 (月)

霧にエゾハルゼミ

●Docomo、SoftBank
高画質版(380キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はいい具合の霧が出ていますね。「見える部分」と「見えない部分」のバランスが絶妙ではないでしょうか?
このような霧の風景は、晴れの風景と比べるとなかなか貴重なものだと思いますが、それをこうやって気軽に見ることができるのも、毎日の映像を確認することができるロボットカメラがあればこそです。

ところで、今日は霧が出ているにもかかわらずエゾハルゼミの鳴き声が聞こえますね。見た目ほど現地は寒くないのでしょう。
しかし、エゾハルゼミが鳴く霧の風景というのは、どこか落ち着かないものがあります。やはり、エゾハルゼミには晴れがお似合いですよね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月29日 (日)

樹々に守られて

●Docomo、SoftBank
高画質版(260キロバイト)
低画質版(140キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も梅雨らしい天気。山は深い霧に包まれました。

都会も今日はしっかり雨でしたね。今日はたまたま渋谷へ行ったのですが、駅前のスクランブル交差点におぞましい数の傘が蠢いているのを見て、何ともいえない気分になりました。
3月26日の記事にも書いたように、山にはあまたの樹々という素晴らしい傘役がいます。その大いなる自然の傘に守られて、鳥たちは密やかに雨が上がるのを待っているのです。
耳を澄ませば、雨音に混ざって鳥たちの静かな声が聞こえてくるでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月28日 (土)

菖蒲華く

●Docomo、SoftBank
高画質版(380キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も上のほうに霧が出る、梅雨の山らしい風景となっています。
エゾハルゼミの鳴き声がまた恋しくなってまいりました(最後に鳴いたのが24日)。

6月26日から、夏至次候「菖蒲華く」(あやめ、はなさく) の候に入っています。
例によって映像には映っていないのですが、菖蒲の花が咲き始める時期、ということです。菖蒲だけでなく紫陽花など、雨に映える花々が楽しめる時期ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月27日 (金)

画質向上&新ショット追加

●Docomo、SoftBank
高画質版(390キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


本日より、毎日伝送されてくるロボットカメラ最新映像の画質が向上しました。
しかしながら、今日はあいにくの曇天で、その効果もハッキリはわかりにくいですね。晴天の日を楽しみに待ちましょう。

By20080627aまた、同時に新しいショットが送られてくるようになりました。今日はその新ショットをご紹介です。
前半はユリノキのアップ、ですが今日は暗くてよく見えません…… そのあと大きく向きが変わって、後半はカラマツなどのさまざまな針葉樹の映像となっています。By20080627b
それぞれ静止画も用意しましたので、合わせてご覧ください。
また近いうちに、それぞれのショットの内容がよく見えるような映像をご紹介したいと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月26日 (木)

カラスの鳴き方

●Docomo、SoftBank
高画質版(210キロバイト)
低画質版(120キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日はやはり16.7℃と18℃を下回り、やや寒かったようですが、今日はそれにも増して寒そうですね。
例によって、霧でほとんど何も見えません……

ちょうど、カラスがすごく近くにいたようで、鳴き声が大きく入っています。
鳴き声を聞いていると、2種類あるようなので、その両方が入っている部分を取り上げてみました。前半と後半で、鳴き方が違いますよね。前半はわりとよく耳にするような鳴き声で、後半のほうが喉にかかったような濁った鳴き声ですが、きっとそれぞれに意味があるのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月25日 (水)

乃東枯る

●Docomo、SoftBank
高画質版(400キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はエゾハルゼミが鳴いていませんね。少し寒いのかもしれません。

最近七十二候の話題を出しそびれていましたが、6月21日から今日までが、夏至の初候「乃東枯る」(なつかれくさ、かるる) の候でした。
乃東とは、漢方薬に用いられる夏枯草(カゴソウ) のこと。 文字通りちょうどこの時期に枯れる、珍しい植物だそうです。
残念ながら私は実物を知らないのですが……どなたかご存じでしょうか?

本候のまとめ映像は、こちらからご覧ください!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

乃東枯る −ロボットカメラ歳時記−

夏至初候「乃東枯る」(なつかれくさ、かるる) の候(6/21-25)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年6月24日 (火)

2週間経っても



(参考:6月9日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(430キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


久しぶりに近景比較シリーズをお届けです。
前回は6月13日でしたが、今日は前回ほど良い天気ではないので、同じような日照状態だった6月9日と見比べてみることにしましょう。
いつものように、上に今日で下に9日と並べた画像も用意しました。By20080624この間は2週間ほどあるのですが、見た目はほとんど変わっていません。毎日毎日、山の変化を目を凝らして追っていた芽吹きの季節が、少し恋しくなりますね……

このブログは去年の10月から続けて参りましたが、これからの季節がおそらく最も変化に乏しく、つまらなく感じてしまう時期かもしれません。ですので、これからは恒例の比較シリーズだけでなく、いろいろな新しい企画を考えていこうと思っております。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月23日 (月)

梅雨本番

●Docomo、SoftBank
高画質版(250キロバイト)
低画質版(140キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も雨の音が聞こえます。これまで意外と天気は悪くなかったのですが、いよいよ梅雨本番といった感じになってきましたね。
今日は久しぶりに寄りのショットが送られてきたので、後半に入れてみましたが、ご覧の通り何も見えません。それでも、この時期はこういう映像が送られてきたほうが安心といえば安心ですね。(ロボットカメラ君は大変でしょうが……)

さて、気になる昨日の気象データですが、気温が17.5℃で湿度が99.2%でした。やはり、気温は18℃を下回っていましたね。エゾハルゼミが鳴く条件として「気温が約18℃以上」というのがありそうな感じになってきました。
もっとも、昨日と今日は雨が降っていたので、また条件が異なるのかもしれませんが……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月22日 (日)

雨だとさすがに……



(参考:6月20日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(320キロバイト)
低画質版(150キロバイト)

●au
動画はこちら


梅雨らしい天気になってきました。雨の音が聞こえますね。
今日は稜線ショットですが、視界も相当悪くなっており、前回の6月20日よりもさらに稜線が見えなくなっています(一番手前が見えるか見えないか)。By20080622画像でも前回と見比べてみてください。

エゾハルゼミは、さすがに雨降りの今日は鳴いていませんね。
ちなみに、悪天候にもかかわらず鳴いていた昨日の気象データは、気温が18.5℃で湿度が94.5%。やはり、気温は18℃を超えています。気温がある程度高ければ、湿度はこれだけ高くても構わないということでしょう。
これで今日の気温が18℃に届いていなければ、わかりやすいのですが……また明日、お知らせします。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月21日 (土)

夏至

●Docomo、SoftBank
高画質版(260キロバイト)
低画質版(140キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「夏至」(げし) の節気に入ります。
「夏至」は、1年で最も昼が長くなる日として有名ですが、それは夏至の節気の「入りの日」のことです。つまり、「夏至」は1年で最も昼が長くなる今日から2週間ほどの期間を指す言葉でもあります。

そんな「夏至」の日ですが、残念ながら天気はご覧の通り……
しかしながら、耳を澄ますとなんとエゾハルゼミの鳴き声が聞こえるではありませんか!
6月7日の記事で、エゾハルゼミの鳴く条件として3つの仮説を挙げましたが、どうやらIIIの日照の条件は直接影響しないようですね。
ちなみに、昨日の11:50の気温は20.0℃で湿度が85.8%と、やはり気温が18℃以上になっていました。今日も気温がある程度上がっているということでしょうか?

なお、昨日までの芒種末候「梅の子黄ばむ」 の候(6/16-20)のまとめ映像は、こちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

梅の子黄ばむ −ロボットカメラ歳時記−

芒種末候「梅の子黄ばむ」(うめのみ、きばむ) の候(6/16-20)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年6月20日 (金)

さらに霞む



(参考:6月19日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(310キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


まず、昨日の気象データからご報告です。11:50の気温が20.6℃で湿度が80.4%でした。
この結果と6月7日の記事も合わせて考えると、どうやらエゾハルゼミが鳴くか否かと湿度はあまり関係が無いようです。さらに他の日の気象データもざっと見てみたところ、エゾハルゼミが鳴いている日はだいたい気温が18℃以上になっています。
まだ結論を出すには早いですが、エゾハルゼミについてはどうやら気温が重要な要素のようですね。

そして、今日は昨日に引き続き、稜線ショットなのですが、By20080620画像のほうでも見比べていただくとわかるように、昨日よりさらに霞んで見通しが悪くなっています(例の稜線が手前の1本しか見えない)。
にもかかわらず、エゾハルゼミは鳴いています……ただし、昨日よりはちょっと控えめに。
とりあえず、日光が当たらないとエゾハルゼミは鳴かない、ということはどうやらなさそうです。となると、やはり注目すべきは「気温」でしょうか。今日の気温は例によってまた明日報告します。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月19日 (木)

霞んでも大合唱



(参考:6月17日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(320キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日の予報通り、今日は雨こそ降っていないものの、すっきり青空とはいきませんでした。それどころか、かなり霞んで見通しが悪くなっています。
今日は稜線ショットですが、今回も2月4日と比較することで、見通しの良さを見てみましょう。By20080619画像は上が今日で下が2月4日で、見通しが良ければ赤線を引いた6本の稜線(尾根)が見えるのですが、今日は手前の2本がなんとか見えるだけですね。今日はかなり視界が悪くなっているということです。

ところが、エゾハルゼミは今日も大合唱ですね。稜線ショットの前回、6月17日は今日より天気がよく視界も良かったのですが、音を聞き比べるとむしろ今日のほうが賑やか。
お馴染みの話題ではありますが、やはり今日の気温や湿度が気になるところです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月18日 (水)

近くでもエゾハルゼミ



(参考:6月15日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


梅雨のわりに良い天気が続いていますね。今日は特に、6月としてはかなり珍しい青空が見えています。
予報によると明日からしばらく梅雨らしい天気が続くようなので、今日の晴天をしっかり堪能しておきましょう。

今日は遠景比較ショットです。前回の6月15日もそこそこ天気がよかったですが、日当りの良さという面では今日のほうが明らかに上ですね(画像は上が今日で下が前回)。By20080618
音にも注意を向けてみますと、今日のほうがエゾハルゼミの鳴き声が大きく聞こえますね。特に今日は、かなり近くでもエゾハルゼミが鳴いているようです。
普段よく聞こえるエゾハルゼミは、だいたい日当りの良い対岸で鳴いているものだと思われますが、今日くらい天気がよいとこちら側(日中の日当りがあまり良くない東向き斜面)でもエゾハルゼミが鳴く、ということでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月17日 (火)

稜線詳細



(参考:2月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(390キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


まずまずの天気で、エゾハルゼミも鳴いているのですが、遠方の見通しはすごく良いわけではないようです。
今日は稜線ショット(前回は6月14日)ですが、前回に続いて2月4日の映像に登場してもらい、遠方の見通しについて見てみましょう。
注目していただきたいのは、幾重にも重なる稜線。By20080617画像は上が今日で下が2月4日ですが、見通しが良ければ赤線をひいた6つの稜線が見えます。
さて、今日はどこまでの稜線が確認できるでしょうか?
今後も、稜線ショットの際にはこの点に是非注目してみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月16日 (月)

梅の子黄ばむ

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は現地へ行ってきました。
ちょうど撮影に立ち会えたので、映像が送られてくるであろう部分でそのような会話をしてみましたが、ばっちり入っていますね。
映像では曇りがちのように見えますが、実際はとても爽やかな梅雨の中休みの晴天でした。By20080616映像の後半のショットをよく見ると、1枚目の画像の赤丸部分あたりの山肌にはしっかり日差しが当たっているのが見えますね。画面全体が暗い感じになっているのは、2枚目の画像の上半分のような厚い雲で太陽が隠されてしまっているからです。P1000001

さて、今日から芒種末候「梅の子黄ばむ」(うめのみ、きばむ) の候に入ります。
梅の実が黄ばんで熟す季節。このことから、この時期に長く続く雨を「梅雨」と呼ぶようになった、という説もあるようです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月15日 (日)

手前と向こう



(参考:6月2日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は遠景比較ショット。
前回の6月2日と比べると、空の色は同じような感じですが、今日は一部にしっかりと日光が当たっています。By20080615画像(上が今日で下が前回)の赤枠で囲んだあたりのヒノキは、特にその違いが顕著に現れていますね。
ちなみにこのヒノキのことをよく「手前のヒノキ」と呼びますが、これはこのヒノキと奥の森林との間に谷があるからです。こうやって1枚の画面に収めてしまうといまいち距離感がつかめませんが、両者は1kmくらい離れているのです。

さて、今日までが「腐れたる草蛍と為る」の候でした。
改めて6日間を振り返ってみますと、意外にも雲に覆われて何も見えないような日は1日もなく、6月12日以外はエゾハルゼミも鳴いておりました。この時期としては、安定した気候だったと言えるかもしれません。
6日間のまとめ映像はこちらからどうぞ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

腐れたる草蛍と為る −ロボットカメラ歳時記−

芒種次候「腐れたる草蛍と為る」(くされたるくさ、ほたるとなる) の候(6/10-6/15)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年6月14日 (土)

冬はスッキリだった



(参考:2月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


今日もまずまずの天気。エゾハルゼミは今日も元気です。
久しぶりに稜線ショットが送られてきましたのでご紹介です。前回は6月1日で、この日もやはり晴れでした。どちらの日も、遠方に稜線が連なっているのが見えますね。

しかしながらこの連なる稜線、冬はもっとくっきり見えていたのです。
例えば2月4日と比べてみましょう。By20080614画像もご参照ください。
今日の映像では遠方の山肌は全体が青く見えるだけですが、2月4日の映像では山肌の雪がかなり遠方のものまでしっかり見えています。
改めて見比べてみると、いかに冬の空気が澄んでいたかということが改めて実感できます。

ついでながら、音も全く違いますね。2月4日に聞こえる音といえば、雪融け水が木から滴る音くらいです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月13日 (金)

五月晴れは賑やか



(参考:6月9日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


久しぶりの好天!
情報を仕入れるのをうっかり忘れておりましたが、関東甲信地方は6月2日に梅雨入りした模様なのですね。確かに、それ以降しっかり晴れたのは6日と今日だけという状況ですから、妥当なところでしょう。

映像は近景比較ショットです。前回の6月9日と比較すると、日光の当たり具合がまるで違いますね。By20080613(画像は上が今日で下が9日
今日はもちろんエゾハルゼミが鳴いていますが、(6日もそうでしたが)晴れた日は一段と元気に鳴くようです。曇りで鳴いていた6月11日などと聞き比べると、今日のほうが鳴き声が大きいのがわかります。
エゾハルゼミにとっても、やはり五月晴れは嬉しいのでしょうね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月12日 (木)

漂う雲

●Docomo、SoftBank
高画質版(350キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はちょっと変わった映像が送られてきました。画面右に小さな雲が漂っています。
この雲、普通に映像を再生して見ているとそこにとどまっているように見えますが、早送りや巻き戻しをしてみると雲が少しずつ動いているのだとわかります。
映像で森林の風景を記録しておくと、こんなことも見えるようになるのですね。

さて、昨日のエゾハルゼミの件ですが、今日送られてきた気象データを見てみると、昨日の午前11:50の気温が20.8℃、湿度が65.2%でした。6月7日と見た感じは似ていますが、意外と気温は高く湿度は低いですね。この値だと、7日の記事に書いた仮説I、IIともに覆ることはありません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月11日 (水)

日光の当たり具合



(参考:6月7日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(340キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


最近はエゾハルゼミの話題が続きますが、この時期にしか聞けない鳴き声ですから、とことん追っていきましょうではありませんか。

昨日は曇りなのに鳴いておりましたが、今日はそれ以上に厚い雲が覆い雲が覆っているにもかかわらず、やはり鳴いています。
比較対象として、6月7日が面白そうです。この日はエゾハルゼミの鳴き声は聞こえません。
By20080611画像は今日の映像を上に、7日の映像を下に並べたものですが、色合いを見ると日光の当たり具合は同じか、むしろ今日のほうが暗いようにすら見えます。7日の記事で挙げた仮説IIIは、ちょっと違うのかもしれません。
ここで気温や湿度などもすぐに参照できればいいのですが、残念ながら現在は気象データの伝送は翌日となっております。できれば、これも当日に送られるよう、改良していきたいと思っています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月10日 (火)

腐れたる草蛍と為る

●Docomo、SoftBank
高画質版(390キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、芒種次候「腐れたる草蛍と為る」(くされたるくさ、ほたるとなる) の候に入ります。
この時期の多雨で草が蒸されて腐り、その中から蛍が飛び出てくる、という様をこのように表現したのでしょう。実際に蛍がどこから出てくるかは別としても、なんともファンタジックな表現ではありませんか。
私は蛍というものをしっかり見たことがないのですが、皆様はいかがでしょうか?

なお、前候「蟷螂生ず」の候のニコニコまとめ映像はこちらからご覧ください。

ところで、今日は曇っているのにエゾハルゼミの鳴き声が聞こえますね。
確かに、例えばエゾハルゼミが鳴いていなかった6月7日よりは日光が多く届いているように見えますが……気温や湿度はどうなっているでしょうか? 明日に気象データが送られてくるので、確認してみようと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

蟷螂生ず −ロボットカメラ歳時記−

芒種初候「蟷螂生ず」(かまきり、しょうず) の候(6/5-9)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年6月 9日 (月)

キューティクル



(参考:6月6日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日もまた曇りですね。実際、6月の晴天(五月晴れ)は何日くらいあるのでしょうか?
ここまで1日6日の2日ですが、これからもこのブログの映像で数えていきましょう。

今日は近景比較ショットです。前回は6月6日でしたが、さすがに6月に入ると森林の見た目の変化はほとんどなくなってきました。By20080609画像は上が今日で下が前回です。
これから夏にかけて木々たちは、物的刺激や紫外線などから葉の表面を保護するためのクチクラ層を発達させていきます。そのため、葉は濃い緑色へゆっくりと変化してゆきます。

ちなみにクチクラは我々の毛にも存在するのですね。キューティクルと呼ばれるのがそれです(クチクラの英語読み)。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 8日 (日)

蟷螂生ず

●Docomo、SoftBank
高画質版(380キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も6月らしい天気。上のほうには雲がかかっています。
6月に入ってから、1日6日以外の日はしっかり曇りですね。これから梅雨入りですが、こうやって毎日の映像を見ていくと『五月晴れ』が本当に「貴重な」晴れ間であるということを実感できそうです。

6月5日から「芒種」の節気に入っていますが、その初候は「蟷螂生ず」(かまきり、しょうず) の候です(6/5-9)。カマキリはこの時期に生まれ、秋までに大きく成長していきます。
ところで、カマキリが前脚を持ち上げて獲物を待ち伏せする姿が祈っているようだということで、俗に「拝み虫」と呼ばれているらしいですが、皆さんはご存じでしたか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 7日 (土)

続・エゾハルゼミと天気の関係

●Docomo、SoftBank
高画質版(350キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はしっかり曇りで、エゾハルゼミの鳴き声は聞こえません。
5月29日6月2日などの記事でも触れた話題ですが、エゾハルゼミと天気の関係について、今日は具体的な気象データも合わせて見てみましょう。

今日の午前11時50分の現地の気温は17.5℃、湿度は81.1%でした。この気象条件でこの映像のような日照状態だと、エゾハルゼミは鳴かないようです。
比較対象として、エゾハルゼミが鳴いていた昨日の気象データを見てみますと、同じ時間の気温が20.8℃で湿度が72.1%でした。今日に比べて、気温は高く湿度は低い、という気象条件になっています。日照状態は、雲が出ているものの日差しは一定量ありました。

以上より、エゾハルゼミが鳴く条件として次の3つの可能性が考えられます。

 I.ある一定値以上の気温であること。
 II.ある一定値以下の湿度であること。
 III.ある一定量の日照があること。

おそらく、この3つのうちの複数、および他の様々な条件が、複雑に絡み合っているものと思われます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 6日 (金)

鬱憤晴らし?



(参考:5月27日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


ようやく良い天気に恵まれました!
霧深い山も良いですが、さすがにそれが何日も続くと、今日のような晴天がいつも以上に嬉しいですね。
我々と同じようにエゾハルゼミも鬱憤が溜まっていたのか、今日はそれを晴らすかのような大合唱となっています。ちょうど今日は近景比較ショットなので、前回の5月27日と聞き比べてみますと、今日の賑やかさがより強く実感できます。By20080606

いつものように画像も用意してみました(上が今日で下が前回)。森の様子に大きな変化は無いと思われますが、大気と雲の状態が違うので見た目は結構違います。今日は昨日までの悪天候で大気が洗われたためか、山全体が瑞々しい緑色に見えています。
また、今日の雲は流れが速くて面白いですね。映像でも、日陰と日向が細かく移り変わっていくのがご覧いただけるかと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 5日 (木)

芒種

●Docomo、SoftBank
高画質版(230キロバイト)
低画質版(130キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日に引き続き、深い霧に包まれました。ここ数日続く悪天候で、さすがにエゾハルゼミの鳴き声が恋しくなってきます。
もう今日は森林を見るのは諦め、音に注意を向けてみることにしましょう。完全に雲の中で雨は降っていないので、鳥たちも過ごしやすいのでしょうか、寂しげではありますがいろいろな鳴き声がきこえますね。

さて、今日から新しい節気に入ります。「芒種」(ぼうしゅ) の節気です。
芒(のぎ : イネ科植物の果実を包む穎(えい))を持った植物の種をまく頃、という意味だそうです。すなわち、田植えの時期ということですね。
現在は稲の品種改良が進み、田植えの時期もだいぶ早まったりしていますが、かつては梅雨が近づき雨が多くなってくるこの時期を待って、一斉に田植えを行ったのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 4日 (水)

深い霧



(参考:5月31日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(220キロバイト)
低画質版(130キロバイト)

●au
動画はこちら


奥秩父の山は再び深い霧に包まれました。
5月31日と同じような状態なので、あえて同じショット構成にしてみました。後半の寄りのショットが真っ白なのは変わらずですが、前半は霧の濃さが微妙に違うのが見て取れます。By20080604画像は、上に今日、下に5/31の、それぞれ前半ショットを並べたものですが、赤枠部分のヒノキの見え方を比べると、今日のほうがより見えにくくなっています。今日は一層深い霧に包まれたということですね。

その5月31日から今日までが、小満末候「麦秋至る」(むぎのとき、いたる) の候だったわけですが、天気の悪い日が多かったですね。このまま梅雨へと突入でしょうか?
陰鬱な気分になりがちな季節ですが、そんなときこそ五月晴れを楽しみに待ちましょうではありませんか!(ちなみに今日は旧暦の5月1日です。)

「麦秋至る」の候のニコニコまとめ映像はこちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

麦秋至る −ロボットカメラ歳時記−

小満末候「麦秋至る」(むぎのとき、いたる) の候(5/31-6/4)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年6月 3日 (火)

霧の新緑

●Docomo、SoftBank
高画質版(300キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


雨ですね。今回の雨は台風の影響のようです。
いい具合の霧が出ているので、引きと寄りの2ショットをご紹介です。特に後半の寄りのショットは、流れる霧が見えてとても幻想的。By20080603
後半のショットについては、画像で晴れの日とも見比べてみてください(上が今日で下が5月27日)。それぞれに良さがあると思いますが、皆さんはどちらの新緑がお好みでしょうか?
今日のような雨の日に山へ行くのはとても大変で、かつ危険なことです。自宅や学校にいながら(そして携帯なら電車の中でも!)このように手軽に霧の風景を見られるのも、ロボットカメラの大きな功績の一つと言えるでしょう。

ところで、今日はエゾハルゼミはもちろん、鳥の鳴き声も聞こえません。
以前には雨でも鳥が鳴いていたことがありましたが、今日はその日と何が違うのでしょうか? 鳥の行動と天気の関係についても、以前から興味があるところです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 2日 (月)

曇りでもお休み?



(参考:5月26日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(410キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


遠景比較ショットです。前回の5月26日は素晴らしい晴天でしたが、今日は厚い雲が空を覆っています。By20080602_2画像でもご確認ください(上が今日で下が前回)。

今日はエゾハルゼミの鳴き声が聞こえませんね。
晴天だと元気に鳴き、雨が降ったり霧が出ると鳴かない。ということはだいたいわかりましたが、今日のような曇りの日も、エゾハルゼミは鳴かないのでしょうか? もしそうだとしたら、影響しているのは日射量? それとも気温か湿度なのか??
興味は尽きません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年6月 1日 (日)

水無月



(参考:5月28日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


久しぶりに山の風景が見えますね! エゾハルゼミもようやく出勤となりました。
映像は稜線ショット。昨日までの雨で大気が洗われたので、少し雲が出ていても前回(5月28日)よりだいぶ見通しがよくなっています。By20080601画像のほうもご参照ください(上が今日で下が前回)。

今日から6月、衣替えですが、6月の異名は『水無月』(みなづき) です。この由来は諸説あるようですが、一番単純なのは「水が無い月」でしょう。
はじめてこの異名を習ったとき、「6月は梅雨の時期なのに、水が無いの??」などと思ったものですが、もちろんこの「6月」というのは本来旧暦のもので、今の暦では7月頃に当たります。梅雨が明け、照りつけるような酷暑が毎日続く時期ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »