« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月

2008年7月31日 (木)

近景・中景・遠景

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は引きと寄りのショットを繋げてみました。
引きのショット(前半)は、一見変化がなく、写真と同じような感じです。一方、寄りのショット(後半)では、木が風に揺られてゆらめいているのが見えます。少し近くに寄って見て初めて、木々に動きがあることがわかるのですね。
風景論では、視点と対象との間の距離に寄って、近景・中景・遠景と分けたりもしますが、風景において「距離」というのはとても重要な要素で、距離の違いによって今日のように風景の質が全く異なってくるのです。

ところで、昨日聞こえていたエゾゼミの鳴き声、今日は聞こえませんね……
エゾハルゼミの場合は、鳴くかどうかは気温と関係がある可能性が高いということが以前わかりましたが、エゾゼミの場合はどうなのでしょうか? 今後機会があれば、また観察してみましょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月30日 (水)

エゾゼミあらわる



(参考:7月14日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は近景比較ショット……ですが、いつものズームインが完全におかしなことになっています。
普段はそのまま寄るだけなのに、今日は左に大きく向きを変えてからズームイン。その結果、後半は前回(7月14日)と比べても、かなりずれてしまっていますBy20080730(画像もご参照ください)。
このようなミスは、連続映像を作る際などには非常に致命的な欠陥となってしまいます。

さて、音のほうに注意を向けてみますと、ジィーーーという音が聞こえます。いよいよ、エゾゼミが本格的に活動を始めたようですね! 7月14日はまだわずかにエゾハルゼミが鳴いていたので、音を聞き比べてみるのも面白いかもしれません。
ちなみに奥秩父には、セミはエゾハルゼミとエゾゼミの2種類しかいませんので、是非覚えてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月29日 (火)

サワサワ

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(300キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は強い日差しのもとで、木々が優しい風に揺られています。今日は、携帯動画でも葉が揺らいでいる様子が見てとれるのではないでしょうか?
サワサワと葉が擦れる音も聞こえてきそうです。

このカメラではこれ以上のアップ映像は撮影できないのですが、秩父演習林内に設置されているもう1台のカメラは、葉の1枚1枚が見えるほどの近景を撮影しています。こちらのカメラの映像も、今度の9月にはこのブログ等で紹介できるようになる予定です。より一層リアルな森林体験ができることを期待しつつ、今しばらくお待ちください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月28日 (月)

土潤うて溽暑し



(参考:2月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(360キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、大暑次候「土潤うて溽暑し」(つち、うるおうてむしあつし) の候に入ります。空から土まで、全てが湿り、一段と蒸し暑くなる時期です。
今日の稜線ショット(前回は7月23日)も、滝が流れ落ちるような形で雲がかかっている部分がありますね。この候ならではの風景、でしょうか。
ところが、よくよく見てみると意外と見通しがいいことがわかります。比較対象として、大変すっきりしていた2月4日と並べてみても、遠くの稜線のくっきり具合は遜色ありません。By20080728(画像も参照、赤線が6本の稜線)
これは、なかなか貴重な映像かもしれませんよ!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月27日 (日)

桐始めて花を結ぶ

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


7月22日から今日までが、大暑初候「桐始めて花を結ぶ」(きり、はじめてはなをむすぶ) の候でした。
桐の花が咲き終わり、固い実をつけ始める時期です。桐は昔から高級木材として重宝され、箱や箪笥などに用いられてきました。また、花言葉は「高尚」だそうで、いろいろな意味で「お高い」木なのですね。

いつものまとめ映像はこちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

桐始めて花を結ぶ −ロボットカメラ歳時記−

大暑初候「桐始めて花を結ぶ」(きり、はじめてはなをむすぶ) の候(7/22-27)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年7月26日 (土)

10秒間の変化

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は雲の流れによる日向・日陰の変化の様子がよく映っています。まずは映像をじっくりご覧いただき、どの部分がどのように変わっていくかを追ってみてください。
ジッと見ていると、意外と変化がわかりにくいかもしれませんので、今日の映像の最初と最後をキャプチャした画像を並べてみました。By20080726いかがでしょうか? 一見、同じ日の10秒間から取り出したとは思えない変わり様ではないでしょうか?

この映像記録について、わざわざ動画じゃなくても、写真を撮っておけばいいじゃないか、というご意見がしばしばあるのですが、例えば今日のような観察も、動画でなければできないものですよね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月25日 (金)

静かな夏?

●Docomo、SoftBank
高画質版(410キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


そういえば、最近はエゾハルゼミの鳴き声が聞こえなくなりました。5月下旬から鳴き始め、6月後半なんかは毎日のように鳴き、少しうんざりしたこともありましたが、いざいなくなってしまうと寂しいものです。
もうすぐ、エゾゼミという別のセミが鳴き始めると思いますが、それまで少しの間、静かな夏の山となります。(夏=セミというイメージですが、山ではセミの種類が限られるためか、セミが鳴かない時期もあるようです)

ところが、今日はその静寂がチェーンソーの音でかき消されます。かなり近くで作業しているのか、大きい音が聞こえますね。
木が倒れるところが映っていたら、さらに面白かったのですが。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月24日 (木)

土用丑

●Docomo、SoftBank
高画質版(400キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は日が差す陽気となりました。今日の映像は、画面左半分が日陰で右半分が日向になっていますね。

さて、今日が「土用丑」(どよううし) の日だということは皆様ご存じかと思いますが、この土用丑は二十四節気と関わりがあるので、そのへんを少しご紹介いたしましょう。
そもそも「土用」とは何か。これは、季節の節目である立春・立夏・立秋・立冬の4つの節気についてその入りの日の前の約18日間のことです。例えば、今年の「夏の土用」は7/19〜8/6です(8/7が立秋の入りの日)。そして、各日には十二支が当てられているため、この土用の期間の丑の日が「土用丑」の日、という具合です。
つまり、夏以外の季節にも土用丑の日はあるということですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月23日 (水)

さらに霞む



(参考:7月22日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(330キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は昨日に続き稜線ショットにしてみましたが、さらに霞んだ映像となっています。
昨日の気温は24.4℃、湿度は83.8%と、山にしては非常に蒸し暑そうな気象条件だったようですが、今日はさらに不快指数が高そうですね。
By20080723
画像は、稜線ショットの画面上部分を、上から順に今日・昨日7月17日と並べたものです。稜線の見え方がそれぞれ異なっているのが、おわかりいただけるかと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月22日 (火)

大暑



(参考:7月17日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(370キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「大暑」(たいしょ) の節気に入りました。
最も厳しい暑さが続く時期です。特に最近は、蒸し暑さを一段と感じますね。
今日の映像は稜線ショットですが、前回の7月17日と比べると、今日は霞んでいて17日には見えていた遠くの稜線が見えません。By20080722(画像も参照) おそらく、現地も湿度がかなり高く、蒸し暑さを感じる気象条件となっていることでしょう。

また、この時期は時折、夕立などの激しい雨が降りますが、蒸し暑い日が続いているときは、傘を持たず雨に打たれたくもなりますね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月21日 (月)

練習

●Docomo、SoftBank
高画質版(320キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


7月17日から今日までが、「鷹乃ち学を習う」の候でした。
鳥の雛たちが習うのは、もちろん飛び方だけではありません。鳴き方もまた、親などの成鳥を手本として習うのです。
最近は梅雨が明けて鳥が一層元気に鳴いていますが、中にはまだ鳴き方を習い始めたばかりの鳥たちもいる。そういう視点で鳴き声を聞くのも、また一興かもしれません。(あ、こいつまだまだ下手だな、とか……)

本候のまとめ映像はこちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

鷹乃ち学を習う −ロボットカメラ歳時記−

小暑末候「鷹乃ち学を習う」(たか、すなわちわざをならう) の候(7/17-21)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年7月20日 (日)

新ショット紹介4

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は、7月13日にご紹介した新ショットの後半を詳しく見てみましょう。
今日の映像にも入れましたが、7月15日に紹介した新ショットの中央にさらにズームインしたものになります。これだけ近いと、木の葉が風に揺らぐ様子などまで見えますね(携帯低画質版だとちょっときついかもしれませんが……)。
By20080720また、画面中央に1本だけ色が変わったスギがあるのが見えます(画像の赤丸部分)。これは病気かなにかで、枯れてしまったのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月19日 (土)

梅雨明けの喜び

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は関東地方が梅雨明けしたようですが、奥秩父も梅雨明けに相応しい晴天となりました。
鳥たちも、梅雨明けを喜ぶかのように元気に鳴いています。

関東地方の今年の梅雨明けは平年より1日早いということになりました。梅雨入りは平年より6日早かったので、期間的には平年より全体的にやや早めだったということになります。
ただ、梅雨らしい天気が続いたのは6月下旬くらいで、あとは(少なくとも奥秩父は)意外と悪くない天気だったのです。改めて、過去の映像を遡って見ていただければと思います。
このブログは、天気の記録という役割も果たしているのですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月18日 (金)

霧の風景いろいろ

●Docomo、SoftBank
高画質版(290キロバイト)
低画質版(150キロバイト)

●au
動画はこちら


最近は比較的良い天気が続いていましたが、今日は霧の風景となっています。

今まで霧の風景をいくつかご紹介してきました。By20080718b今日以外に主なものとして、3月31日5月14日6月30日などがあります。
そのうち、今日と3月31日の映像を並べた画像を作ってみましたが、皆様はどちらがお好みでしょうか? 私はどちらかというと、3月31日の映像のほうが好きです。山と空との境界線(スカイライン・2枚目の画像の赤線)がしっかり見える絵のほうが良いと私は判断しましたが、いかがでしょうか?
By20080718aいずれにせよ、霧の映像は静止画より動画のほうが魅力的だと私は感じています。霧のような「動き」のあるものを記録できるということも、ロボットカメラ映像の重要な点の一つです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月17日 (木)

鷹乃ち学を習う



(参考:5月28日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


お馴染みの稜線ショットです(前回は7月11日)。
昨日、広葉樹の色の変化について書きましたが、比較対象が1ヶ月前では少しわかりにくかったかもしれませんので、今日は2ヶ月近く前の5月28日と比べてみます。By20080717いつもの画像の赤枠部分が広葉樹ですが、今日のほうが緑が濃くなっているのがおわかりいただけるかと思います。

さて、今日から小暑末候「鷹乃ち学を習う」(たか、すなわちわざをならう) の候に入ります。
学(わざ) はここでは空の飛び方を指しています。鷹の子が飛ぶことを覚えて舞い始める時期、ということです。我々の巣立ちはだいたい3月ですが、鳥たちは7月が巣立ちの季節ということですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月16日 (水)

緑が深く?



(参考:6月18日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は晴天の遠景比較ショット。
前回の7月10日は天気が悪かったので、今日は前々回の6月18日と見比べてみましょう(画像はお馴染みのもの)。By20080716
天候状態の影響もあるかもしれませんが、この1ヶ月でなんとなく広葉樹の緑が深くなったようにも見えます。6月9日の記事でも書いたように、クチクラ層の発達によって緑が深くなっていきます。

さて、遠景比較シリーズは前回で30回目を迎えました。
11〜30回の20日分の映像をまとめた1日「1/2秒」映像を作ってみましたので、ぜひご覧ください。

また、7月12日から今日までが、小暑次候「蓮始めて開く」の候でした。
まとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

遠景比較・1日「1/2秒」映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


遠景比較シリーズ30回記念のまとめ映像です。
雪がなくなってから新緑に至るまでを、一気に振り返ることができます!

7月14日の記事で触れたショットの微妙なズレは、このようにズームアウトしたショットならあまり気にならないので、連続映像にはもってこいですね。

今回用いた映像は、
1月14日19日21日26日31日
2月2日7日12日15日
3月21日
4月22日
5月1日8日21日23日26日
6月2日15日18日
7月10日
の20日分です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

蓮始めて開く −ロボットカメラ歳時記−

小暑次候「蓮始めて開く」(はす、はじめてひらく) の候(7/12-16)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年7月15日 (火)

新ショット紹介3

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


7月13日にご紹介した新ショット(厳密には新ではないが)の詳細を2回に分けてご紹介してまいります。

今日は、13日の映像のうち前半のもの。
今日の映像は前半にそのショットで、後半にはお馴染みの稜線ショットを入れました。By200807152つのショットの位置関係は、画像のようになっています。

この2ショットに関しては、07年12月20日の映像もご参照ください。このように、この2つは連続して撮影されています。今日の映像でも、2ショット間のタイムラグは1分程度ですね(画面右下の数字が「月ー日ー年 時:分:秒」です)。
ところが、1分程度で陽の当たり方が全く異なっていますね。今日は雲の流れが速いようです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月14日 (月)

微妙なズレ



(参考:7月1日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はお馴染みの近景比較ショットです。
前回の7月1日の映像と比較してみましょう(画像は上が今日で下が前回)。By20080714

まず、ハッキリ違うのは音でしょうか。晴天だった前回はエゾハルゼミの鳴き声がよく聞こえましたが、今日は曇っているのもあってかほぼ聞こえず。今月にもう一度、前回のような賑やかなエゾハルゼミの声が聞けるでしょうか?
また、見た目は陽の当たり方の違いくらいしか目立ったものがありませんが、よくよくよく見ると、前回と今日で微妙に撮影範囲が異なっています。これは本当に微妙なカメラの制御誤差のよるものなのですが、連続映像にしたときにはこれが意外と気になってしまうのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月13日 (日)

蓮始めて開く

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


6月27日の新ショット追加の影響で、今日のようなショットもたびたび送られてくるようになりました。部分的にはご紹介したことのあるショットですが、この繋がりでは始めてご覧いただくものになるかと思います。
大まかに言って、画面左下が広葉樹でそれ以外が針葉樹、という画面構成になっていますね。新緑の時期に比べると、だいぶ色の差がなくなってきました。

昨日から、小暑次候「蓮始めて開く」(はす、はじめてひらく) の候に入っています。
文字通り、蓮の花(レンゲ)が咲き始める時期です。例によってこの映像には映りませんが……(ロボットカメラ七十二候、などといったものを作ったほうが良いかもしれませんね)


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月12日 (土)

エゾハルゼミは?

●Docomo、SoftBank
高画質版(400キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は文句なしの晴天!
6月27日に追加した2つの新ショットを再びご紹介です。前半のユリノキショットによく日が当たって見やすくなっていますね。
また、27日はカメラの移動中もご紹介しましたが、今日はその部分をカットしてみました。これだと、比較的ゆっくり各ショットを見ることができますね。

ところで、これだけ良い天気にもかかわらず、エゾハルゼミの鳴き声が全然聞こえませんね…… エゾハルゼミの活動には気温が関係しているようですが、暑すぎるのもまた駄目なのかもしれません。
7月5日の記事にも書きましたが、本当に聞き納めが近そうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

温風至る −ロボットカメラ歳時記−

小暑初候「温風至る」(あつかぜ、いたる) の候(7/7-11)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年7月11日 (金)

画質向上の効果



(参考:6月17日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(400キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はこれまた久しぶりの稜線ショット。前回は6月22日でしたが、今日は天候状態が似ていた6月17日と見比べてみることにしましょう。
さすがにこの季節だと山の見た目はほぼ変わっていませんが、よく見ると所々に6月27日の画質向上の効果が見えます。By20080711例えば、画像の赤丸付近の広葉樹林のテクスチャは、今日の映像のほうがよりくっきりと見えていますね。

さて、7月7日から今日までが、小暑初候「温風至る」の候でした。天気予報を見ると、向こう一週間は雲が多い日が続くようです。梅雨明けは、まだまだもう少し先、ということでしょうか?
本候のまとめ映像は、こちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月10日 (木)

山の天気



(参考:6月18日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は6月18日以来、久しぶりの遠景比較ショットをお届けします。By20080710
今日の映像は上のほうに雲がかかっていますが、前回の映像と見比べるとその状態がよりよくわかるかと思います。画像もご参照ください(いつも通り、上が今日で下が前回)。
ところが、今日の映像のカメラの向きが変わった後のショットの画面右下をよく見ると、日が当たっている部分があるのが見えます(2枚目の画像の赤枠付近)。このくらいの狭い範囲で、霧・日陰・日向とめまぐるしく天候状態が変わっています。
By20080710b

今日はたまたま現地へ行っていたのですが、実際雨が降ったり日が差したりと天気は短時間でめまぐるしく変化しました。「山の天気は変わりやすい」とはよく言われますが、それを肌で感じることができた一日でした。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 9日 (水)

温風至る

●Docomo、SoftBank
高画質版(220キロバイト)
低画質版(120キロバイト)

●au
動画はこちら


7月7日から「温風至る」(あつかぜ、いたる) の候に入っています。
梅雨が明け、熱風が吹き始める季節。もうすぐ、本格的な猛暑がやってきます。
今年はすでに沖縄・九州・四国が梅雨明けしたと見られ、いずれも平年より早いようです。このまま東京にも、少し早い猛暑が訪れるのでしょうか?

もっとも、今日の奥秩父は濃い霧に包まれました。
今日のショットは6月27日と同じものなのですが、それがわかるのはカメラが向きを変える音だけです。これだけ大きく向きを変えているのに、今日は見た目ではそれが全くわからないくらい濃い霧なのですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 8日 (火)

エゾハルゼミがハッキリと

●Docomo、SoftBank
高画質版(400キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はエゾハルゼミがたまたま近くにいたのか、単独の鳴き声が比較的ハッキリと聞こえます!

5月24日の記事でも書いたように、エゾハルゼミの鳴き声は図鑑などには「ミョーキン、ミョーキン、ケケケケケ」などと書かれています。
今日の映像は、2、3秒のあたりで一度「ミョーキン」と鳴き、そのあと「ミョーキケケケケケケケ」という感じですね。
1ヶ月以上にわたって、ロボットカメラの映像を通してエゾハルゼミの鳴き声を聞いてきましたが、これほどハッキリ聞こえたのは初めてではないでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 7日 (月)

小暑

●Docomo、SoftBank
高画質版(370キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、「小暑」(しょうしょ) の節気に入ります。
梅雨明けが近づき、本格的な夏を迎える時期です。ここ最近の暑さは、小暑を先取りしたような形になりましたね。

が、今日の山は久しぶりの雨。九州などはすでに梅雨が明けたようですが、関東はもう少し我慢が必要なようです。
それにしても、雨音の中で鳥がつつましやかに鳴く音風景というものも、よくよく聞くとなかなか趣き深いものがありますね。鳥の鳴き声が似合う天気、皆さんはどう思われますか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 6日 (日)

逆光

●Docomo、SoftBank
高画質版(300キロバイト)
低画質版(150キロバイト)

●au
動画はこちら


7月2日にご紹介した新しいユリノキショットを、あらためてじっくり眺めてみましょう。
このショットは画面の上半分が空なので、露光がこちらの明るさに合わさってしまい、肝心のユリノキが暗くなりがちです。いわゆる「逆光」の状態ですね。もしかしたら、もう少しカメラを下向きに変えたほうが良いのかもしれません。

さて、7月1日から今日までが「半夏生ず」の候でした。
前に紹介しそびれていたのですが、この候の入りの日(今年は7月1日)は農家にとって節目の日とされ、この日までに農作業を終えてしばしの休息を取る、という時期のようです。今でも、この風習は広く残っているのでしょうか?

本候のまとめ映像はこちらからどうぞ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

半夏生ず −ロボットカメラ歳時記−

夏至末候「半夏生ず」(はんげ、しょうず) の候(7/1-6)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年7月 5日 (土)

7月のエゾハルゼミ

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日今日と、暑い日が続いていますね。奥秩父も日当りはいまいちですが、かなり蒸し暑そうな感じです。

エゾハルゼミももちろん鳴いているわけですが、昨日も今日も先月に比べると少し元気がなくなった印象を受けます。エゾハルゼミの成虫の生息期はだいたい5月下旬から7月中旬あたりということなので、そろそろ聞き納めも近いかもしれないですね。

ところで、皆様エゾハルゼミの鳴き声についてはもう覚えていただけたでしょうか? この鳴き声をエゾハルゼミと知らずに初夏の山へ行くと、カエルなどと間違える可能性大です。
みやこ〜の阪急電車とセミのホームページ』で、1匹のエゾハルゼミの鳴き声が綺麗に録音されたもの(こちら)が公開されておりました。これはとてもわかりやすいので、是非聞いてみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 4日 (金)

新ショット紹介2

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


7月2日の記事に引き続き、6月27日に追加された新ショットのご紹介です。
今日の映像の前半が、27日に紹介した新ショットのうち後半のものです。
このショットもいつもの遠景にズームインしたもので、今日の映像の後半の一部分になります。By20080704(位置関係は画像をご参照ください)
この新ショットに映っている森林は主に針葉樹の人工林ですが、その中でも特に注目すべきは、カラマツ。画像の黄枠部分になります。
カラマツは、他の針葉樹と違って冬に葉を落とします。そのため、今日の映像でも、まだ新緑の面影が残っていますね(周りより緑が薄い)。もちろん、紅葉も注目です!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 3日 (木)

トラブルにつき

久しぶりにシステムトラブル発生です。
映像自体は送られてきたのですが、明らかに異常なものでしたので、残念ながら本日は最新映像をご紹介できません。

そこで恒例の3年前シリーズ……ではなく、今日はもう少し最近を振り返ることにいたしましょう。
テーマはズバリ「新緑」です。こちらでどうぞ!

新緑を振り返る

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


近景比較ショットの映像で、新緑の時期の山のダイナミックな変化を振り返ってみましょう。
広葉樹の展葉が最初に確認された4月24日から、数日おきで6月24日まで15日分並べてみました。
山桜があっという間に散る様子や、クリの展葉だけ他の広葉樹より遅いことなどが、よくわかります。

なお、今回使用した映像は、
4月24日27日29日
5月2日5日9日13日16日19日24日27日
6月6日9日13日24日
の15日分です。
もし気になる映像がありましたら、各日の記事も合わせてご参照ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 2日 (水)

新ショット紹介

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


6月27日、画質向上と同時に新ショットの追加が行われましたが、今日は27日の記事で紹介したものの前半のショットを少し詳しくご紹介いたします。

今日の映像は2つのショットが入っており、その後半が例の新ショットですね。By20080702両者の位置関係は画像のようになっております。
新ショットは、07年11月15日の記事などでご紹介した、ユリノキ(ハンテンボク)にズームインしたものです。昨年はユリノキの黄葉を遠くから眺めることしかできませんでしたが、今年はもっと近寄って見ることができそうですね!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年7月 1日 (火)

半夏生ず



(参考:6月24日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


6月27日に画質を改善してから、初めて日が当たっている映像が送られてきました。
さっそく、近景比較ショットで画質向上の効果を見てみましょう。前回の6月24日の映像と見比べてみてください。この日は特に画質が悪かったのですが、今日の映像はそれを差し引いても、樹々の細かなテクスチャまで見えるようになっているのがわかります。By20080701画像(上が今日で下が前回)でも確認してみてください。

さて、今日から夏至末候「半夏生ず」(はんげ、しょうず) の候に入ります。
「半夏」とは、カラスビシャクというサトイモ科の植物の塊根(イモ部分)のことで、生薬として使われるそうです。
乃東枯る」もそうでしたが、七十二候に登場する植物は、薬として使えるような生活に密着したものが多いのですね。

前候「菖蒲華く」のまとめ映像はこちらからご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

菖蒲華く −ロボットカメラ歳時記−

夏至次候「菖蒲華く」(あやめ、はなさく) の候(6/26-30)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »