« 緑が深く? | トップページ | 霧の風景いろいろ »

2008年7月17日 (木)

鷹乃ち学を習う



(参考:5月28日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


お馴染みの稜線ショットです(前回は7月11日)。
昨日、広葉樹の色の変化について書きましたが、比較対象が1ヶ月前では少しわかりにくかったかもしれませんので、今日は2ヶ月近く前の5月28日と比べてみます。By20080717いつもの画像の赤枠部分が広葉樹ですが、今日のほうが緑が濃くなっているのがおわかりいただけるかと思います。

さて、今日から小暑末候「鷹乃ち学を習う」(たか、すなわちわざをならう) の候に入ります。
学(わざ) はここでは空の飛び方を指しています。鷹の子が飛ぶことを覚えて舞い始める時期、ということです。我々の巣立ちはだいたい3月ですが、鳥たちは7月が巣立ちの季節ということですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 緑が深く? | トップページ | 霧の風景いろいろ »

矢竹カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481369/22369550

この記事へのトラックバック一覧です: 鷹乃ち学を習う:

« 緑が深く? | トップページ | 霧の風景いろいろ »