« 土潤うて溽暑し −ロボットカメラ歳時記− | トップページ | 季節の違い »

2008年8月 2日 (土)

大雨時行る



(参考:7月28日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(380キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、大暑末候「大雨時行る」(たいう、ときどきふる) の候に入ります。
時々、夕立などの大雨が降る季節。大粒の雨が降るとともに涼風が立ち、日中の日照りで乾いた大地を潤します。

今日は稜線ショットにしてみましたが、湿度が高く大気中に多くの水滴があるため、遠くの稜線は見えなくなっています。By20080802この大気の状態だと、上昇気流さえ起こればあっという間に雨雲の出来上がり、というわけですね。平野部でも、夕方の大雨には注意したいものです。
また、画像には前回の稜線ショット(7月28日)も並べておきましたが、今日の眺めのほうが夏としては一般的で、前回のような見通しの良さは貴重なのです。また今後も夏のうちに何度か稜線ショットをご紹介しますので、ぜひ注目してみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 土潤うて溽暑し −ロボットカメラ歳時記− | トップページ | 季節の違い »

矢竹カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481369/22751420

この記事へのトラックバック一覧です: 大雨時行る:

« 土潤うて溽暑し −ロボットカメラ歳時記− | トップページ | 季節の違い »