« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

近景比較ショットの紅葉

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


久しくお届けできなかった近景比較ショットが久々の登場です。9月11日以来ということになります。

映像は、最初の4秒が今日の映像で、そのあと2001年〜2006年の今日を1秒ずつ並べてみました。静止画By20081031_2のほうも合わせてご覧ください。
まず、同じ10/31でも年によって紅葉の様子がかなり異なることに驚かされます。2003年が最も紅葉が早く、2005年が最も遅いでしょうか。この中では、今年は2005年に次いで遅いかもしれませんね(それでも、昨年よりはだいぶ早いはずですが……去年の10/31はレンズが結露で様子わからず)。
このショットで紅葉の進み具合を見比べるのに便利なのが、赤丸部分にある数本のカラマツ。この部分に注目して、各年を見比べてみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月30日 (木)

虫が!

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はレア映像が届きました! 見逃さないようにしっかりご覧ください!
途中で黒い物体が一瞬画面に入ります。わりとハッキリ姿が見えますね。虫のようですが、何の虫かわかる方はいらっしゃいますでしょうか?
静止画のキャプチャも貼っておきますBy20081030

過去に鳥の姿を捉えたケースは何度かご紹介しましたが、虫は今回が始めてですね。
いやいや、やはりこういうハプニング的な映像があると興奮してしまいます!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月29日 (水)

行く秋

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日もなかなかの秋晴れ。ただ風が強いようで、雲の影がかなりの速度で手前から奥のほうへと移動しているのが見えます。
この強風で、紅葉はかなり散ってしまうかもしれません。そのときの気象条件との巡り合わせで、紅葉の見頃があっという間に終わってしまうこともあるのです。

そういえば、「秋の日はつるべ落とし」などという言葉もありましたね。晩秋は全てのものがどんどん過ぎ去っていってしまいます。一日一日の山の変化を、しっかりと目に焼き付けておく必要があります。
(……もっとも、このブログでは過去の映像も簡単に見ることができるわけで、そういう意味では行く秋を惜しむ気持ちを感じ辛いかもしれません。意外なデメリットですね。)


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月28日 (火)

霎時施る



(参考:10月19日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、霜降次候「霎時施る」(こさめ、ときどきふる) の候に入ります。
時おり小雨が降る時期。この時期によくある、降ったり止んだりする雨のことを、時雨(しぐれ)といいます。

前候は天気が悪い日も多かったですが、今日は見事な秋晴れ。そして紅葉も素晴らしいですね!
遠景比較ショットですが、前回の10月19日By20081028よりもさらに色付きが進んだのがよくわかります。まさに、今が見頃といった感じでしょうか。今週末まで見頃が続くと良いのですが……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月27日 (月)

霜と紅葉

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


今日までが、霜降初候「霜始めて降る」(しも、はじめてふる) の候でした。まとめ映像はこちら

霜は、朝の最低気温がおよそ5℃以下のときに発生するそうです。今朝の現地の気温を見てみると、午前3時半の時点で7.8℃でした。このまま明け方まで下がり続けると、最低気温はちょうど5℃前後かと思われます。果たして、霜は降りたのでしょうか?
また、最低気温が5℃を下回ると紅葉も一気に進むそうです。例年、「霜降」の節気ごろに紅葉が見頃を迎えるのも、納得ですね。
今日の紅葉も、低い最低気温の影響か、より鮮やかになったようにも見えます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

霜始めて降る −ロボットカメラ歳時記−

霜降初候「霜始めて降る」(しも、はじめてふる) の候(10/23-27)のまとめ映像です(24日は欠測)。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年10月26日 (日)

鮮やかな黄色



(参考:2007年10月25日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


これまでにも何度か、今年の紅葉は去年より早いという話題が出ましたが、今日もそれに関する話題です。ほぼ1年前の2007年10月25日と今日の映像を比べてみますBy20081026
昨年のほうの画像の赤丸部分は、今月16日などにも話題となったトチノキの黄葉ですが、今年の映像にはその姿がありません。すでに散ってしまったのです。
その代わりに、今年は黄丸部分に鮮やかな黄葉が見えますね。昨年の同じ部分を見ると、わずかに黄色がかっているだけ。

以上のような具合で、やはり全体的に今年は去年より早いですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月25日 (土)

霜始めて降る



(参考:10月10日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(360キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


霜降の節気の初候は、まさにそのまま「霜始めて降る」(しも、はじめてふる) です。
七十二候には「〜始めて…」という表現がしばしばありますが、これは「〜が…し始める」という意味です。つまり、「霜始めて降る」は、霜が降り始める時期、ということですね。

今日は稜線ショット。前回は10月10日ですBy20081025。最高の秋晴れに恵まれた前回に比べ、今日は低い雲が支配的。この2週間ほどで紅葉はだいぶ進んでいるはずですが、残念ながらそれがしっかりとは確認できませんね…… ただ、画像の赤丸部分には、前回にはなかった橙色が見えますね。何の木でしょうか?
なお、昨日ご紹介した過去の稜線ショットも合わせてご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月24日 (金)

グレー画面……

今日は動画ファイルは送られてきたのですが、中身はグレー画面の映像でした。もっとも、今日の山は厚い雲に覆われ、どちらにせよ山は見えないかもしれませんが。
明日は無事に映像が見られることを願いましょう。

今日は最新映像の代わりに、過去の10/24の映像をご覧ください。

過去の10/24

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


2001年から2007年まで(2005は無し)の10/24の、稜線ショットを並べてみました。

紅葉の進み具合の違いはもちろん、天候や大気の状態の違いも気になるところ。
特に2003年の空気の綺麗さはひときわ目を惹きますね。遠方の山肌がこれほどくっきり見えるのは珍しいです。
紅葉は2001年の色付きが良いように見えますが、いかがでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月23日 (木)

霜降

●Docomo、SoftBank
高画質版(330キロバイト)
低画質版(160キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「霜降」(そうこう) の節気に入りました。
朝夕はずいぶん冷え込むようになりました。「霜降」の文字通り、霜が降りるようになる季節です。
奥秩父の紅葉は、例年この「霜降」の頃に見頃を迎えます。朝の冷え込みが大きくなると一気に色付きが進むため、これから先は日に日に色の具合が変わっていくことでしょう。

残念ながら、今日は天気が悪く紅葉がよく見えません。
しかし、霧がかなりのスピードで山の上のほうへ流れてゆく様は、これはこれで見応えがありますね。まさに、大気の流れが目に見えている瞬間です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月22日 (水)

紅葉ズームイン

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


久しぶりにズームインした映像が多く送られてきたので、今日はズームイン特集です。
今日の前半は10月14日の映像の後半などと同じショットで、今日の後半は9月11日の映像の後半などと同じショットになっています。
今日は天気があまり良くないですが、このようなときは晴れているときに比べて紅葉がしっとりとした感じに見え、独特の趣があるように思います。

さて、今日までが寒露末候「蟋蟀戸に在り」(きりぎりす、とにあり) の候でした。まとめ映像はこちらからどうぞ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

蟋蟀戸に在り −ロボットカメラ歳時記−

寒露末候「蟋蟀戸に在り」(きりぎりす、とにあり) の候(10/18-22)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年10月21日 (火)

ブログ1周年、と2日



(参考:2007年10月21日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


このブログで毎日の最新映像を配信し始めてから、一昨日でちょうど1周年でした。
今後は、このブログ内で異なる年の同じ日の映像を見比べることが可能となったわけです。可能な限り、1年前と同じショット構成にして、比較していきたいと思います。

早速、今日は1年前と同じショットにしてみました。
静止画By20081021(上が今日で下が1年前)も合わせてご覧いただければと思いますが、両者を比べると明らかに今年のほうが色付きが進んでいますね。1年前の記事では、「紅葉は、まだまだこれから。」と書いていますし……
少なくとも奥秩父の山については、去年より今年のほうが紅葉が早いのはどうやら間違いなさそうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月20日 (月)

紅葉くらべ・その2

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(300キロバイト)

●au
動画はこちら


10月15日と同じような構成で、年ごとの紅葉の具合を比較してみたいと思います。

今日の映像はまず、本日の映像→1年前の今日の映像、の順に並んでいます。全体的な印象として、今年のほうが色付きが早く進んでいるように見えます。そして、最後に2003年の今日の映像を入れましたが、今年の紅葉の具合はこの2003年のものに近いようにも見えますね。
言い方を変えれば、2003年→2007年で紅葉の色付きは遅れるようになってきたように見えますが、今年はどうやらその傾向からは外れそうだ、ということでもあります。

ぜひ静止画By20081020も合わせて、色付きの異なり具合をじっくり観察してみてください(静止画は左が今日、右上が2007年の今日、右下が2003年の今日、となっています)。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月19日 (日)

明らかな色付き



(参考:10月2日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


紅葉がピークを迎えつつありますが、このあたりで遠景比較ショットの比較をしてみようと思います。
前回は10月2日。色付きが始まったか、くらいの段階でしたが、それと今日とを見比べると、その色付き方の違いは明白ですね(静止画By20081019_2も合わせてご確認ください)。10月2日は2ヶ月半も前の映像と見比べてようやく違いがわかる程度でしたが、今回はたった2週間でこれだけ色の変化があったのです。

今日の映像では、虫の鳴き声も聞こえますね。かなり近くで鳴いているようです。キリギリスではなさそうですが、まさに「戸に在り」といった風情でしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月18日 (土)

蟋蟀戸に在り

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、寒露末候「蟋蟀戸に在り」(きりぎりす、とにあり) の候です。
キリギリスが戸口で鳴いているのに気づく時期。虫の音はすでにピークを過ぎていますが、虫の音は控えめで、耳を傾けないと聞こえないもの。ピークを過ぎてようやく、虫がよく鳴いていることに気づく、ということでしょう。

今日は現地に来ていますが、標高が高いところは紅葉が見頃を迎えていました。今日の映像のさらに左側がちょうどその部分なのですが……残念ながらお届けできず、です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月17日 (金)

行楽日和

今日は素晴らしい晴天の行楽日和……のはずなのですが、残念ながら映像が送られてきませんでした。ちょうど明日から現地へ行くので、状況を確認できると思います。
明日明後日も天気がいいようなので、皆様もぜひ紅葉の山へ、いかがでしょうか?

今日までが、寒露次候「菊の花開く」の候でした。まとめ映像はこちらです。

菊の花開く −ロボットカメラ歳時記−

寒露次候「菊の花開く」(きくのはな、ひらく) の候(10/13-17)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年10月16日 (木)

トチノキ・13年前

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


昔の映像を見ていたら、面白いものを発見したのでご紹介します。

前半は今日の映像で、後半は1995年10月21日の映像。同じショットです。静止画も合わせて、両者を見比べてみましょう。By20081016
赤丸をつけたのは、度々話題になっているトチノキですが、1995年の映像では下のほうまでよく見えていますね。現在は木のうち頭のほんのわずかな部分しか見えていないことがわかります。
この原因となっているのは、手前のヒノキの生長。1995年の画面最下部にわずかに映っているヒノキ(黄枠部分)が、13年間で画面の約4分の1を覆うくらい(今日の静止画の黄枠部分)まで伸びてきたのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月15日 (水)

紅葉くらべ

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日の映像は、はじめの5秒が今日の映像で、そのあとに2005年と2006年の今日の映像を並べてみました。紅葉の具合を比べるといかがでしょうか?

静止画も使って少しじっくり見てみましょう。By20081015
全体的な色付きで見ると2006年が全体的に黄色がかって綺麗かもしれませんが、陽の当たり方の具合もあるので一概には言えなさそうです。
もう少し細かく見てみます。それぞれ赤丸をつけたのが同じ木ですが、2005年はまだ緑で、2006年は黄色。そして今年はというと、もうすでに葉が散ってしまっているようにも見えますね…… この木1本で全体を判断することはできない(木によって年ごとの色付きの変動の具合は異なる)のですが、今年は色付きが早い傾向が強いのかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月14日 (火)

ロボットカメラ14年目

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


すっかり忘れていたのですが、このブログでお届けしている映像を撮影しているロボットカメラ君は10月5日に13歳の誕生日を迎えました。途中、ダウンしてしまったことも多々ありましたが、無事これまで13年間映像を撮影し続けることができました。

度重なる病気(システムトラブル)にもかかわらずここまで来られたのは、まだ数少ないながらもロボットカメラ君をメンテナンスしてくださる方々のおかげです。今後、ロボットカメラ君に興味を持ってくださる方が増え、より多くの方にロボットカメラ君の面倒を見ていただけるようになるのを願って止みません。

おや、今日の映像は車の音が聞こえますね……今日もロボットカメラ君の主治医さんが山に来ているのでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月13日 (月)

菊の花開く

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は9月10日のものと同じショット構成になっていますが、前半のほうが後半より標高が高い部分を撮影しているので、前半のショットほうが少し赤っぽいですね。

今日から、寒露次候「菊の花開く」(きくのはな、ひらく) の候です。
花の少なくなるこの時期ですが、菊の花はこれからです。私の実家の近くの神社でも、昨日、毎年恒例の「大菊花展」の準備が進められていました。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月12日 (日)

沈黙の秋?

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


今日までが、寒露初候「鴻雁来る」(こうがん、きたる) の候でした。
まとめ映像はこちら

今日の映像では鳥の声がよく聞こえますが、過去の映像の印象と比べて今年の秋はどうも静かな印象を受けます。今後折に触れて過去の映像を紹介し、比較していきたいと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

鴻雁来る −ロボットカメラ歳時記−

寒露初候「鴻雁来る」(こうがん、きたる) の候(10/8-12)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年 矢竹カメラ歳時記一覧

立夏 初候 「蛙始めて鳴く」(かわず、はじめてなく)
立夏 次候 「蚯蚓出る」(みみず、いずる)
立夏 末候 「竹笋生ず」(たけのこ、しょうず)

小満 初候 「蚕起きて桑を食む」(かいこ、おきてくわをはむ)
小満 次候 「紅花栄う」(べにばな、さかう)
小満 末候 「麦秋至る」(むぎのとき、いたる)

芒種 初候 「蟷螂生ず」(かまきり、しょうず)
芒種 次候 「腐れたる草蛍と為る」(くされたるくさ、ほたるとなる)
芒種 末候 「梅の子黄ばむ」(うめのみ、きばむ)

夏至 初候 「乃東枯る」(なつかれくさ、かるる)
夏至 次候 「菖蒲華く」(あやめ、はなさく)
夏至 末候 「半夏生ず」(はんげ、しょうず)

小暑 初候 「温風至る」(あつかぜ、いたる)
小暑 次候 「蓮始めて開く」(はす、はじめてひらく)
小暑 末候 「鷹乃ち学を習う」(たか、すなわちわざをならう)

大暑 初候 「桐始めて花を結ぶ」(きり、はじめてはなをむすぶ)
大暑 次候 「土潤うて溽暑し」(つち、うるおうてむしあつし)
大暑 末候 「大雨時行る」(たいう、ときどきふる)

立秋 初候 「涼風至る」(すずかぜ、いたる)
立秋 次候 「寒蝉鳴く」(ひぐらし、なく)
立秋 末候 「蒙き霧升降」(ふかききり、まとう)

処暑 初候 「綿の柎開く」(わたのはなしべ、ひらく)
処暑 次候 「天地始めて粛し」(てんち、はじめてさむし)
処暑 末候 「禾乃ち登る」(こくもの、すなわちみのる)

白露 初候 「草の露白し」(くさのつゆ、しろし)
白露 次候 「鶺鴒鳴く」(せきれい、なく)
白露 末候 「玄鳥去る」(つばめ、さる)

秋分 初候 「雷乃ち声を収む」(かみなり、すなわちこえをおさむ)
秋分 次候 「虫蟄れて戸を坏ぐ」(むし、かくれてとをふさぐ)
秋分 末候 「水始めて涸る」(みず、はじめてかるる)

寒露 初候 「鴻雁来る」(こうがん、きたる)
寒露 次候 「菊の花開く」(きくのはな、ひらく)
寒露 末候 「蟋蟀戸に在り」(きりぎりす、とにあり)

霜降 初候 「霜始めて降る」(しも、はじめてふる)
霜降 次候 「霎時施る」(こさめ、ときどきふる)
霜降 末候 「楓蔦黄む」(もみじつた、きばむ)

立冬 初候 「山茶始めて開く」(つばき、はじめてひらく)
立冬 次候 「地始めて凍る」(ち、はじめてこおる)
立冬 末候 「金盞香」(きんせんか、さく)

小雪 初候 「虹蔵れて見ず」(にじ、かくれてみえず)
小雪 次候 「朔風葉を払う」(きたかぜ、このはをはらう)
小雪 末候 「橘始めて黄ばむ」(たちばな、はじめてきばむ)

大雪 初候 「閉塞冬と成る」(そら、さむくふゆとなる)
大雪 次候 「熊穴に蟄る」(くま、あなにこもる)
大雪 末候 「鮭の魚群る」(さけのうお、むらがる)

冬至 初候 「乃東生ず」(なつかれくさ、しょうず)
冬至 次候 「麋角解る」(さわしかのつの、おつる)
冬至 末候 「雪下りて麦出る」(ゆきわたりて、むぎのびる)


2009年の一覧はこちら

ニコニコマイリスト

2008年10月11日 (土)

トチノキ・1週間後



(参考:10月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


1週間前にご紹介したトチノキですが、この1週間でまた少し色付きが進みました。動画・静止画と合わせてご確認ください。By20081011
1日単位で見ているとなかなか気づかないほどゆっくりな変化ですが、1週間を隔てた2つの映像を並べることでわかるようになりました。
普段の生活の中で「気づいたらそうなっていた」ことについて、遡って調べることができる。これは、毎日映像を記録することで可能となる重要な要素の一つです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月10日 (金)

10月10日は晴れ?



(参考:10月5日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は秋晴れの稜線ショットをお届けです。前回の10月5日が特に空気が汚れていたこともあって、両者を比べると今日のスッキリ感はひとしおですね。By20081010

本日「10月10日」はかつて国民の祝日「体育の日」とされ、晴れの多い日であるとよく言われておりました。しかし、統計的には必ずしもそうではない、とも言われています。(そもそも、天気は地域によって大きく異なる可能性のあるものですから。)
そして、「ハッピーマンデー制度」により「体育の日」ではなくなった2000年以降、10月10日は逆に雨が多くなった、などとも耳にしますが、今年の秩父はご覧の通りの見事な秋晴れ。
天気に関しては、印象で語るのではなく、この映像のような確固たる証拠のもと語る必要がありそうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 9日 (木)

鴻雁来る

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日より、「鴻雁来る」(こうがん、きたる) の候です。
寒さが感じられるようになってきましたが、ツバメが南へ去ったのと入れ替わるように、雁などが北から飛来するのがこの時期、ということです。

残念ながら、映像で聞こえるのはカラスの声。しかも、姿は見えませんね……
しかし、過去には遠目ながら飛ぶ鳥をしっかり捉えた映像(こちら)もあることですし、明日以降の映像に鳥の姿が映ることを密かに期待しましょう!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

クマタカ?

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


2004年9月9日の映像に、大きな鳥の飛ぶ姿が映っていました。画面上部を旋回するように飛んでいます。これほど長い時間鳥を捉えることができた映像は、まだこれしか見つけていません。
飛んでいるのは、秩父に生息している「クマタカ」だというのが有力ですが、さすがにこれだけ離れていては、確認する術はありません……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 8日 (水)

寒露

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、「寒露」(かんろ) の節気に入ります。
足下の野草を濡らす露が冷たく感じられるようになる時期。季節は実りの秋を迎え、収穫祭が多く行われる時期だそうです。

今日の映像は、少々新しい試みを行ってみました。今日の最新映像は前半の5秒のみで、残りの後半5秒は1年前の今日の映像です。
注目すべきは、言うまでもなく広葉樹の色付きかたでしょう。同じ10月8日ですが、今年はすでに赤や黄が目立ってきているのに対し、去年は全くと言っていいほど色付きが見えないですね。By20081008静止画でも合わせてご確認ください。
今年の紅葉は、少し早めなのかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 7日 (火)

小さな声

●Docomo、SoftBank
高画質版(370キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


小さな声ですが、虫が鳴いています。聞き辛い場合はヘッドホンなどで聞いてみてください。9月30日などもそうでしたが、やはり昼間の虫はおとなしいのですね。
こうなるとますます夜の映像を見たくなるところ……ですが、なんとちょうど1年前の今日、偶然にも夜間の撮影を行っていました! こちらからご覧ください。やはり、昼間とはひと味違いますよ。

今日までが秋分末候「水始めて涸る」(みず、はじめてかるる) の候でした。
まとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

夜の山

●Docomo、SoftBank
高画質版(310キロバイト)
低画質版(130キロバイト)

●au
動画はこちら


偶然にも、秋の夜の映像があったのでご紹介します。
2007年10月7日の午後6時頃の映像です。

冒頭でシカの鳴き声のようなものが聞こえますね!
虫の音も、やはり昼間に比べてはっきり聞こえています。

このような映像を見ると、やはり夜の撮影も定期的に行ってみたくなります。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

水始めて涸る −ロボットカメラ歳時記−

秋分末候「水始めて涸る」(みず、はじめてかるる) の候(10/3-7)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年10月 6日 (月)

三温四寒?

●Docomo、SoftBank
高画質版(410キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は暗い雲の中。映像の途中でカメラが向きを変えますが、もはやそれが虚しくなるくらい眺望ゼロですね。
ただ、秋霖の時期とは違い、この時期は周期的に天気が変わります。春にもそのような時期があり、三寒四温と呼ばれますが、今は逆に「三温四寒」と言えるのかもしれません。暖かい日と寒い日が交代しつつ、少しずつ冬に向かっていくのです。
ちなみに、前回眺望ゼロになったのは、ちょうど1週間前(三温四寒で7日)の9月29日でした。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 5日 (日)

空気のお掃除



(参考:9月25日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(410キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は稜線ショット(前回は10月1日)。9月25日のものと見比べてみます。By20081005
今日のほうが雲は薄く日が当たっているのですが、25日のほうが空気が綺麗で瑞々しさが感じられます。
この原因として考えられるのが、風の違い。午前11:50現在の風速は、今日が0.086m/sで25日が0.24m/sでした。どちらもわずかな風ではありますが、それでも25日のほうが3倍ほど強い風が吹いていたのです。この風によって、空気中の小さな塵などが掃除されたような状態になったのではないでしょうか。そういう視点で今日の映像を見てみると、いかにも空気中にたくさんの塵が漂っていそうな感じですよね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 4日 (土)

トチノキ



(参考:9月5日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は手前の木々に注目してみましょう。
過去にも何度か説明しておりますが、普段見ている奥の森林と手前の木々との間には、矢竹沢という沢が流れております。

手前の木々の大半はヒノキをはじめとする針葉樹ですが、広葉樹も少ないながら映っています。
今日と同じショットの9月5日(約1ヶ月前)と見比べるとBy20081004、画像の赤丸部分の木が少し色付いているのがわかります。これはトチノキ(栃の木)です。実が食用になる木として有名なこの木ですが、紅葉は他の木に比べて早めです。
これからの紅葉の季節、まずはトチノキに注目ですね!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 3日 (金)

水始めて涸る



(参考:7月29日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、秋分末候「水始めて涸る」(みず、はじめてかるる) の候に入ります。
秋の長雨もピークを過ぎ、土が乾き始める時期。水田の水が抜かれ始めるのも、ちょうどこの時期。季節は本格的な秋へと移り変わっていきます。

映像はズームインしたショットですが、赤い葉がだんだん見えるようになってきました。
夏の同じショット(7月29日、少しズレていますが)と見比べると、それがよくわかります。By20081003例えば画像の赤丸部分はほんのり赤みを帯びてきましたし、黄丸部分には少し鮮やかな赤も見えています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから


※※告知※※
●ニコニコ動画において、「ロボットカメラ歳時記」シリーズ連載中です! シリーズ一覧はこちら
mixiコミュニティがあります。アカウントお持ちの方は是非ご参加を!

2008年10月 2日 (木)

紅葉、はじまりのはじまり



(参考:7月16日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は文句なしの秋晴れ。久しぶりに晴天の遠景比較ショットを見ることができました。
広葉樹たちは、前回の9月17日よりさらに赤みを帯びてきたようです。7月16日などと比べて、はっきり違いがわかるようになってきましたBy20081002
紅葉と呼ぶにはまだまだ早いですが、確実に色付きは始まっています。

さて、今日までが秋分次候「虫蟄れて戸を坏ぐ」(むし、かくれてとをふさぐ) の候でした。
まだまだ秋の虫の声は聞けるはずなので、今後も注目していきましょう!
本候のまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

虫蟄れて戸を坏ぐ −ロボットカメラ歳時記−

秋分次候「虫蟄れて戸を坏ぐ」(むし、かくれてとをふさぐ) の候(9/28-10/2)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年10月 1日 (水)

神無月



(参考:9月19日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(350キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から10月、神無月(かんなづき) ですね。
各地の神様が出雲大社に集まるため、一時的に「神が無くなる月」であるというのは有名なお話です。しかし、この「神無月」の語源としては諸説あり(こちらなどを参照)、「神様が出雲大社に云々」というのは後から作られた話という説もあるようです。

今日は雨の稜線ショット(前回は9月25日)です。稜線の間に雲が立ちこめているのが見えますがBy200810019月19日は遠方まで見渡せたのに対して、今日は上のほうにまで雲が伸び、眺望を遮っています。
秩父の山の神様も、この雲に隠れて出雲へ向かったのでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 2008年9月 | トップページ | 2008年11月 »