« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月31日 (水)

雪下りて麦出る

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、冬至末候「雪下りて麦出る」(ゆきわたりて、むぎのびる) の候に入ります。
降り積もる雪の下で、麦の芽が伸び始める頃。麦は米と比べて寒さに強いので、かつて二毛作の裏作として栽培されていたのはよく知られていますね。この候も、それに関係があるのかもしれません。

今日もズームインのショット。手前のヒノキなどが風に揺られています。いかにも寒そうな風……
今日のショットには広葉樹の部分もあり、少しだけ地肌が直接見えていますが、雪はもうほとんど融けてしまったようですね。雪のない年越し、となりそうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月30日 (火)

針葉樹にズームイン

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は寄りのショット2つ。前半は近景比較ショット(12月16日など)の後半と同じで、今日の後半はおそらくブログで初めてご紹介するショットです。この後半のショットは一面針葉樹となっていますが、主な樹種はやはりスギとヒノキ。このようなズームインのショットだと、より見分けがつきやすいのではないでしょうか。
今日までが冬至次候「麋角解る」の候でした。まとめ映像はこちら


PC向け動画ダウンロードはこちらから

麋角解る −ロボットカメラ歳時記−

冬至次候「麋角解る」(さわしかのつの、おつる) の候(12/26-30)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年12月29日 (月)

ヒノキも紅葉?

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は天気がいいので、青空の遠景比較ショットです。
前回は12月21日でしたが、今日は3ヶ月ほど前の9月17日と見比べてみますBy20081229。なんという変わり様でしょう…… 広葉樹は葉を落とし、空は青く澄み、さらには針葉樹も色が変わりました! ところが、ここに映っている針葉樹は、昨日見たように大部分が「ヒノキ」です。「スギの紅葉」については以前にご紹介しましたが、ヒノキも紅葉するのでしょうか……?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月28日 (日)

スギとヒノキの見分け方

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


さすがに今日は雪も融けましたね。

今日は以前話題に出したスギとヒノキの見分け方について。画像By20081228の赤枠部分が「スギ」なので、これを念頭に置いて以下のように見比べてみてください。
まず、スギは遠目にも1本1本の形が見える(緑の三角形が並んでいる)のに対し、ヒノキは一様に緑に見えます。これは、季節に関係なく可能な見分け方です。
また、冬にはスギが赤くなる現象を利用して見分ける方法もあります。赤枠部分以外にもスギがあるので、見つけてみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月27日 (土)

麋角解る



(参考:12月24日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日から、冬至次候「麋角解る」(さわしかのつの、おつる) の候です。
繁殖期を終えた雄の鹿が、古い角を落とす時期。秩父には鹿がたんまりいるので、この時期に山を探せば、鹿の角が見つかるんでしょうか?

今日は残雪の遠景比較ショットですが、前回の12月24日と比べるとBy20081227、今回手前の針葉樹には雪がない一方、対岸の残雪は今回の方が多いですね。おそらく、今回の方が積雪量は多く、降り止んでからは時間が経っているのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月26日 (金)

晴れ? 雪?

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


再び雪景色。昨年の12月と比べると、今年はかなり雪が多いですね。
前半のショットでは、画面上部(画像By20081226の赤枠部分)に氷柱(つらら)が映っています。昨冬には2月13日につららが映りましたが、今日のほうが見やすい位置にありますね。
そして後半のショットは、前半からわずか3分半しか経っていないのに、ほぼ同じ場所とは思えないほどの変わり様ですね。雪が舞い、さらに霧まで押し寄せてきます。おそらく、風がかなり強いのでしょう。「山の天気は変わりやすい」を地でいくような日となりました。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月25日 (木)

よく見ると残雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は現地へ行ってきました。気温データによると、23日の最高気温は0.2℃(!)だったので、どうなることかと思いましたが、今日は日がよく照っていてそこそこ暖かくなりました。日陰にはまだ雪が残っていましたがP1000044、日差しで急速に融けていきました。
映像は対岸を見渡せるショット構成にしましたが、よく見るとわずかに白いものが見えますね! この対岸は日がよく当たるので、融雪は比較的早いです。

今日までが、冬至初候「乃東生ず」の候でした。まとめ映像はこちらから。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

乃東生ず −ロボットカメラ歳時記−

冬至初候「乃東生ず」(なつかれくさ、しょうず) の候(12/21-25)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年12月24日 (水)

遠方の山肌も白く



(参考:12月20日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も雪景色。稜線ショットにしてみましたが、前回の12月20日と見比べるとBy20081224、手前の山肌はもちろん、遠方の山肌もほのかに白くなっているのが見えます。

ちなみに、去年は12月23日に積もった雪は翌日には融けてしまいましたが、今年はしっかり残りましたね。
気温が気になったので調べてみると、去年の24日午前3時の気温が0.2℃だったのに対し、今年の24日午前3時(今日未明)の気温は氷点下5.2℃でした! これなら、去年は雪が融け、今年は残ったのも納得ですね。
やはり今年は去年より厳冬なのでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月23日 (火)

寒冷前線通過後

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日の記事で寒冷前線について触れましたが、本日、昨日の現地の気温データが送られてきたので見てみました。
映像が撮影された正午頃の気温は9℃とまだ暖かく、その後15時頃までは8℃前後を推移します。しかし、その後一気に低下し、18時には1.6℃、そして深夜0時には氷点下2.7℃にまで達しています。
その結果、本日の映像はご覧のとおりの雪景色! 前半のショットではまだ上の方に雲が残っていますが、天気はだいぶ回復したようですね。

12月23日といえば、昨年初めて積雪が映像で観測された日。映像の後半は、その昨年の今日の後半と同じショットにしてみましたBy20081223。今年は映像で積雪が観測されるのはこれで2回目になりますが、そういう事情も影響してるのか、同じ12月23日とは思えないほど、今年の方が冬らしい風景に見えます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月22日 (月)

乃東生ず



(参考:12月18日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は朝までは妙に生暖かい風が吹き、昼からは気温が一気に下がって天気も崩れました。寒冷前線が通過した影響によるものです。
お昼ころの秩父は、すでに天気は下り坂という状況ですね。12月18日と同じショットBy20081222ですが、もはや別世界とすら言えるくらいの変貌ぶりではないでしょうか。

昨日から、冬至初候「乃東生ず」(なつかれくさ、しょうず) の候に入っています。
多くの草が厳しい寒さで枯れてゆくなか、夏枯草(カゴソウ)が芽を出す頃。夏至の初候「乃東枯る」(なつかれくさ、かるる) と、まさに表裏一体をなす候です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから


※※告知※※
●ニコニコ動画において、「ロボットカメラ歳時記」シリーズ連載中です! シリーズ一覧はこちら
mixiコミュニティがあります。アカウントお持ちの方は是非ご参加を!

2008年12月21日 (日)

冬至



(参考:12月9日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「冬至」(とうじ) の節気に入ります。本日、「冬至の入りの日」が一般的に「冬至の日」と呼ばれ、1年で最も昼間が短い日として有名ですね。今後も寒気は増していきますが、これ以上日が短くなることはないのですから、今日という日は肯定的に捉えましょう。実際、この日から太陽の力が回復していくという意味で「一陽来復」という言葉もあるようです。
実際、映像を見ると、昼の長さなど大した問題ではないと思えるような、素晴らしい青天です。今日の映像は遠景比較ショットBy20081221ですが、前回の12月9日よりさらに青く澄んだ空は、見事の一言。これを見れば、いつかまた必ず暖かい日はやってくると、確信できますね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月20日 (土)

かすかに武甲山



(参考:12月11日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


稜線ショット、今日はかなり良い見通し! 前回(12月14日)は大雪だったので、前々回(12月11日)と見比べてみますがBy20081220、特に連なる稜線の見え方はかなり違いますね。今日はかすかに武甲山も見えています(武甲山については9月19日の記事を参照)。

今日で、大雪末候「鮭の魚群る」の候も終わり、すなわち大雪の節気の終わりです。次の節気はとりわけ有名なものですが、わかりますでしょうか?
本候のまとめ映像はこちら


PC向け動画ダウンロードはこちらから

鮭の魚群る −ロボットカメラ歳時記−

大雪末候「鮭の魚群る」(さけのうお、むらがる) の候(12/16-20)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年12月19日 (金)

スギとヒノキ

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(210キロバイト)

●au
動画はこちら


広葉樹たちが葉を落とし、雪も積もっていない、となると、注目すべきは針葉樹、でしょう!
このショット映っている人工林には、主に2種類の針葉樹が植えられています。本州では代表的な、スギとヒノキです。
さて、この2種類ですが、どのように見分ければ良いのでしょうか? 今日の映像を、じっくり見てみてください。(答えはまた、次の機会に……)


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月18日 (木)

スギの紅葉?



(参考:12月6日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


12月6日に立ち枯れてきたスギの木(静止画By20081218の赤丸部分)について書きましたが、そのときの映像と見比べると、他のスギも赤茶けてきたように見えないでしょうか? その影響で、立ち枯れつつあるスギがあまり目立たなくなってきました。
実は、前回の記事の方が変化が顕著にわかりますので、是非ご覧ください。

スギが赤くなる現象について、花粉による影響については以前に触れましたが、どうやら原因はもう一つあるようです。
冬になると太陽の紫外線がより強く降り注ぎますが、我々と同じように植物もこの紫外線によってダメージを受けます。それに対する防御反応として、スギは赤い色素を作るらしいのです。
つまり、仕組みこそ異なれ、針葉樹であるスギもひっそりと「紅葉」するのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月17日 (水)

今日は雨

●Docomo、SoftBank
高画質版(390キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


ここ数日は雪景色の山でしたが、今日は天気が悪いものの、降っているのは雪ではなく雨のようです(雨音が聞こえますね)。気温を見ると、未明も0℃前後を推移していたようなので、雪は降っていないと思われます。
天気予報によると、この雨は深夜には止み、その後しばらくは良い天気が続くようですので、雪景色とはしばらくお別れかもしれません。

それにしても、今日はなかなか良い感じの霧の風景ですね。静止画ではなく動画であることの意義を強く感じるものの一つが、この「霧の風景」です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月16日 (火)

鮭の魚群る



(参考:12月1日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、大雪末候「鮭の魚群る」(さけのうお、むらがる) の候に入りました。(昨日これをうっかり見落としておりました。前候「熊穴に蟄る」のまとめ映像はこちら。)
海に降りていた鮭が、一斉に川を上り始める時期。「鮭の川登り」は有名ですが、秩父の山に鮭はやってくるのでしょうか……残念ながら映像からは伺い知ることができません。

今日は近景比較ショット。By20081216前回の12月1日にはわずかに残っていた黄葉も当然散り、その代わりにいるのは雪。これからしばらくは「針葉樹と雪」の季節ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月15日 (月)

熊穴に蟄る −ロボットカメラ歳時記−

大雪次候「熊穴に蟄る」(くま、あなにこもる) の候(12/12-15)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

冬の山の醍醐味

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


今年もやってきました、晴天の雪景色!
これぞ冬の山の醍醐味の一つだと思います。それがこうやって気軽に見られるのはいいですね。

去年は大雪の節気に積雪が見られず、初めて積雪が見られたのは12月23日でしたが、それに比べるとだいぶ早いですね。もっとも、今が「大雪」は節気なのですし、今年の方が違和感はないですね。
ちなみにこの傾向は、主に先月観察された「今年の紅葉は去年より早い」という傾向とも関連するかもしれません(紅葉が早い=気温が低い?)。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月14日 (日)

おおゆき



(参考:12月11日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日の予言(?)が見事的中した形になりました。大雪(たいせつ) の節気に相応しい雪の山ではないでしょうか。映像では降雪が確認できないので、おそらく気温の低い未明にたんまりと降ったのでしょう。
ちなみに、今日の映像は稜線ショットBy20081214です。前回の12月11日に「間違い探し」と題して細かな違いを探していたのは何だったのか、と思わせるくらいの変貌ぶりですね。もちろん、どちらも大事な「変化」だとは思いますが。


PC向け動画ダウンロードはこちらから


※※告知※※
●ニコニコ動画において、「ロボットカメラ歳時記」シリーズ連載中です! シリーズ一覧はこちら
mixiコミュニティがあります。アカウントお持ちの方は是非ご参加を!

2008年12月13日 (土)

熊穴に蟄る

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はやや曇りがち。全国的にも天気は下り坂のようですね。
映像では高いところは雲に隠れているのが見えます。今夜あたり、雪が降らないでしょうか?

昨日から、大雪次候「熊穴に蟄る」(くま、あなにこもる) の候に入っています。
熊をはじめ、山に棲む哺乳類たちが穴にこもる季節。その多くはいわゆる「冬眠」に入りますが、熊は我々が「寝る」のと似た状態で過ごし、自分の意志で起きることもできるそうです。「冬眠」というより「冬ごもり」というのが相応しいかもしれませんね(我々も、冬はこたつで「冬ごもり」?)。
さらに、雌の熊はこの冬ごもりの間に子を産み育てるという話もありますが、その実態は未解明の部分が多いとか。以前紹介したクマハギも含め、謎はまだまだ多いですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから


※※告知※※
●ニコニコ動画において、「ロボットカメラ歳時記」シリーズ連載中です! シリーズ一覧はこちら
mixiコミュニティがあります。アカウントお持ちの方は是非ご参加を!

2008年12月12日 (金)

今年もヒタキ

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は鳥の鳴き声が聞こえます。基本は静寂が支配する冬ですから、どこか鳴き声も寂しげですね。
この鳴き声、聞き覚えのある方もいらっしゃるかもしれませんが、去年の今頃(07年12月11日)にも同じ声が聞こえました。そのときの記事にも書きましたが、これはヒタキの鳴き声のようです。
さらに今日は、その直後のショットに鳥の姿もわずかに映っていました! これが鳴いていたヒタキでしょうか?(実際、その後は鳴き声が聞こえない) 後半のショットで、左から右へ高速で横切っていきます。特に携帯だとほぼ見えないと思うので、連続写真のようなものBy20081212を作ってみました。赤丸をつけた白いものがそれです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月11日 (木)

間違い探し



(参考:12月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


稜線ショット、前回の12月4日と並べてみると(静止画By20081211参照)、ほとんど違いが無いように見えます。
が、間違い探しの要領でよくよく見比べてみますと、例えば赤枠部分、前回はユリノキの葉がまだわずかに残っていたのが、完全に落葉しています。また、今日は動画でも2つの映像を連続して見ることができますが、切り替わりの瞬間をよく見ていると、微妙な色合いが異なることがわかります。前回のほうが全体的に明るい感じですが、見通しは今日のほうがやや良いですね。

今日までが、大雪初候「閉塞冬と成る」(そら、さむくふゆとなる) の候でした。まとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

閉塞冬と成る −ロボットカメラ歳時記−

大雪初候「閉塞冬と成る」(そら、さむくふゆとなる) の候(12/7-11)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年12月10日 (水)

ちょっと珍しい

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


最近送られてくるショットがだいたい決まってしまっていて、すこし退屈(?)だったのですが、今日は久しぶりに目新しいショットが送られてきました!
対岸のどの部分かわかりますでしょうか? 前半のショットは、右の画像By2008121012月8日の前半ショット)の赤枠部分になります。手前は一面ヒノキの人工林で、奥にユリノキなどがあります。
後半は、そのユリノキ部分にズームイン……これは見覚えのあるショットですね。11月22日の前半などと同じショットです。当然ながら、ユリノキの黄葉も完全に落ちてしまいました。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 9日 (火)

閉塞冬と成る



(参考:12月3日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


現在の候は、大雪の初候「閉塞冬と成る」(そら、さむくふゆとなる) です。
天地の気が塞がれたように重くなり、真冬を迎える時期。冬の空気には確かに独特の感覚がありますが、それを古人は「天地の気が塞がれる」と表現したのですね。

しかし、ロボットカメラ映像の冬は、青く澄み渡った空が印象的で、爽やかな印象が強いようにも思えます。今日は遠景比較ショットですが、前回の12月3日よりまた一段と空の青さが増したように見えますBy20081209
しかし、それと同時に今日は実に静かですね。冬は鳥たちも鳴りを潜め、静寂が優先する音世界。この「静寂」と「寒さ」から、一種の「閉塞感」を感じる、という一面も、確かにあるかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 8日 (月)

鳥の日?



(参考:2007年12月8日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


1年前の今日と同じショットがあるので、前半でご紹介ですBy20081208。今年はとうの昔に散ったクリの葉ですが、去年の12/8にはなんとまだ落葉しきっていません…… 落葉の段階は、今年の11月29日と同じくらいに見えます。その差、実に9日分。

そして今日の映像の後半ですが、途中で小さな白い物体が左から右へ高速で横切っていくのが映っています。おそらく何かの鳥だと思われますが、1年前の今日も同じく鳥の姿が捉えられていましたね。12/8は鳥の日、なのでしょうか(もちろん偶然の産物ですが……)。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 7日 (日)

大雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「大雪」(たいせつ) の節気に入ります。
おおゆき、ではありません。が、いわゆる「おおゆき(大雪)」が降る季節、かもしれません。いずれにせよ、本格的な冬を迎える、ということですね。

今日の映像は9月10日のものと同じショット構成になっています。いつもの対岸全体を見渡す形になっていますが、ご覧のとおり広葉樹はすべて葉を落としました。あとは雪景色を待つばかり、といったところでしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 6日 (土)

あのスギがさらに……!



(参考:9月20日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


もうすっかり落葉したこのショットですが、ふと気になったのが、9月20日の記事で話題にした、枯れかけているスギ(画像赤丸部分、上が今日で下が9/20)By20081206
前回に話題にしたとき、すでにはっきり茶色くなってしまっていたのですが、今日の映像では心なしか茶色が目立たなくなったように見えます。もしかしたら、枝が枯れて落ち始めてしまっているのかもしれません……

今日までが、小雪末候「橘始めて黄ばむ」の候でした。まとめ映像はこちらです。
小雪」の節気も早くも終わり、ますます厳しい冬に入っていきます。最近風邪が本当に流行っているようですので、皆様くれぐれもお気をつけ下さい。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

橘始めて黄ばむ −ロボットカメラ歳時記−

小雪末候「橘始めて黄ばむ」(たちばな、はじめてきばむ) の候(12/2-6)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2008年12月 5日 (金)

クリの落葉・2005年が……!

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


クリの落葉、いつものショットで2000年以降の12/5を確認です。By20081205
特に落葉が遅れていた、注目の2003・2005・2007の各年ですが、2005年はなんと雪が積もっています! 落葉もだいぶ進みましたね。
それに比べると、2007年はまだまだ葉が……去年クリの黄葉を観察していたときは何の疑問も持ちませんでしたが、まさかここまで特異な年だったとは。やはり、過去と比較することは重要ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 4日 (木)

冬の稜線ショット



(参考:11月21日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


このところ良い天気が続きます。もちろん良いことなのですが、ロボットカメラの映像観察者としては雪もたくさん見たいような気もしますね。
今日は稜線ショット。前回の11月28日は雲の中だったので、前々回の11月21日と見比べてみますBy20081204
一番の違いは、クリの木が完全に落葉したところですね。今後しばらくは、木々に目立った変化は起こらないでしょう。
そんな冬の稜線ショット、今後の一番の見どころはやはり雪ですが、それ以外にも、たとえば日光の当たり方の違いも興味深いところです。今日の比較でも、11月21日に比べて今日はやや日当たりが悪いようです(特に遠方の山肌に顕著)。微妙な違いに思えますが、去年の冬のまとめ映像のように連続で並べてみると、案外その違いは大きいものです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 3日 (水)

青さを増す空



(参考:11月26日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


晴天の遠景比較ショット。前回の11月26日も晴天で、「空の青さも増しています」と書いていますが、今日はさらに青い空となっていますね。By20081203こんなところからも、本格的な冬の訪れを感じることができます。
一方、雪に関しては今回見られません。気温的にはもういつ降ってもおかしくない、というかもう何回か降っているのかもしれませんが、このあたりは南向き斜面なので、わりと早く雪が融けてしまいます。そう考えると、前回の雪は結構な量が降ったのかもしれませんね!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 2日 (火)

橘始めて黄ばむ



(参考:2007年12月2日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、小雪末候「橘始めて黄ばむ」(たちばな、はじめてきばむ) の候に入ります。
橘(ミカン科ミカン属)の木が黄色くなり始める頃。最近は黄色といえばクリの黄葉でしたが、今回の黄色は橘の「実」のこと。ちなみに橘は常緑樹で、葉が落ちないところから永遠のシンボルとされてきたそうです。

今日の映像は1年前の今日と同じショットです。By20081202
その1年前の記事を見ると、「クリは少し黄色がかった感じもしますが、どうでしょうか?」などと書いています! 映像で見比べてもわかりますが、今年とのあまりの違いに驚かされます。
昨日の分析も合わせて考えると、去年のクリの黄葉が遅かったのはもちろん、今年のクリの落葉が特に早いという面もありそうですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年12月 1日 (月)

師走



(参考:11月23日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(300キロバイト)

●au
動画はこちら


近景比較ショットでクリの黄葉をチェック。前回の11月23日には今年もまだ葉が残っていましたが、11月29日の段階でほとんど散ってしまったように見えました。今日の寄りのショットで、他の年と比較しながら確認してみましょう。By20081201_2
今日は2004年以降の12/1を並べました。今年はやはりもう落葉していますね。2004年以降では最も早いのではないでしょうか(2004、2006はまだわずかに葉が残っている)。一方、2005と2007は11月29日にも確認したように遅いですが、特に2005年は異様な落葉の遅さですね……
もう12月ですが、この2005年のクリの落葉を見届けるまでは、もうしばらく紅葉の話題にお付き合いください。

今日までが、小雪次候「朔風葉を払う」の候でした。まとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

朔風葉を払う −ロボットカメラ歳時記−

小雪次候「朔風葉を払う」(きたかぜ、このはをはらう) の候(11/27-12/1)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »