« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

連日の霧

●Docomo、SoftBank
高画質版(410キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


連日、霧の山となりました。映像は稜線ショットです(前回は1月25日)。
今日の霧は谷底から湧き上がってくるようで、とても幻想的。昨日も同じショットを載せていたので、静止画を並べてみましたBy20090131が、見比べるといかがでしょうか? 昨日の記事で「水墨画のような雰囲気」と書いていますが、個人的には今日のほうがよりそれに近い印象があります。
また、今日は天気のわりに見通しが良い点も見逃せません。晴れていた前回(1月25日)と見比べてみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月30日 (金)

久しぶりに鉄塔カメラ映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は私の先生が山へ行っているので、鉄塔カメラの映像が送られてきました。1月21日以来、ブログでは2回目の配信となります。
今日のショットには、風向風速計が映っています。08年2月28日に矢竹カメラで気象データを観測していることをご紹介しましたが、もちろん鉄塔カメラでも同様の観測を行っています。
今日は映像で見る限り、風向風速計は全く動いていません。今日の矢竹カメラの映像で霧がほとんど動いていなかったこともあわせて考えると、今日の奥秩父一帯はほぼ無風状態ということですね。(矢竹カメラと鉄塔カメラの位置関係は右図2cameras参照。両者間の直線距離は1.4kmほど。)


PC向け動画ダウンロードはこちらから

動かない霧

●Docomo、SoftBank
高画質版(370キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


低気圧の接近により全国的に天気が崩れていますが、秩父は雪ではありませんでした。昨日から今日未明にかけての気温を見てみると、午後17:50に最低気温0.62℃を記録し、その後ゆるやかに気温は上昇。今日の午前4:00には3℃まで上がっています。どうやら、南からの暖かく湿った空気が流れ込む影響によるもののようです。
映像は、霧の山となっています。特に後半のショットでは遠方に連なる稜線の間に霧が漂い、水墨画のような雰囲気を醸し出しています。風は吹いていないようで、漂っている霧はほとんど動きませんね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月29日 (木)

水枯る

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日はほぼ完全な静寂の世界。カメラの駆動音だけが、虚しく山に響きます。
今日までが、大寒次候「水沢腹堅」の候でした(まとめ映像:矢竹版 鉄塔版)。冬の季語に、「水枯る」(みずかる) というものがありますが、これは山の水源が氷に閉ざされるために下流の水が涸れる、ということで、本候と関連していますね。そして、水が涸れた結果今日のような静寂の世界が作られる、というわけです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】水沢腹堅 −ロボットカメラ歳時記−

大寒次候「水沢腹堅」(さわみず、こおりつめる) の候(1/25-29)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】水沢腹堅 −ロボットカメラ歳時記−

大寒次候「水沢腹堅」(さわみず、こおりつめる) の候(1/25-29)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年1月28日 (水)

わずかに日差し

●Docomo、SoftBank
高画質版(430キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今日も昨日に引き続き曇り。関東地方は高気圧に覆われたのですが、南(太平洋)からの湿った風により雲がかかったようです。それでも、低気圧性の雲ではないだけに、日差しの余地もわずかに残されています。今日の10秒も、よくよく見ると、画面中央付近に次第に日が当たっていくのが観察できます。
こういった、じっくり見なければ気付かない変化を発見することも、このロボットカメラ映像を分析する際の大きな楽しみの一つです。もちろん、私一人だけでは不可能な発見も数多くあるはずですので、多くの方がこの「発見」に参加するようになると、その発見が蓄積されて、この映像の価値はさらに高まっていくのではないかと考えています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月27日 (火)

飛行機は騒音?

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


今日の未明は昨日ほど冷え込まなかったようで、午前3時の気温は氷点下3.5℃でした。今日の映像が曇り空であるところを見ると、未明も曇っていて放射冷却があまりなかったのでしょうか。とはいえ、氷点下3.5℃も十分寒いですが……
今日は2つのショットですが、前半では飛行機の音がよく聞こえます。後半のショットの静寂さがより際立ちますね(後半は、小さな鳥の声も)。普段都会で生活しているとあまり気にならない飛行機の音ですが、静かなところで聞くとかなりの音量を出しているのがわかります。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月26日 (月)

白と青



(参考:1月16日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日の気温が送られてきましたが、正午は0.3℃でした。そして、今日の未明も、午前3時の時点で氷点下6℃まで下がったようです。明け方はさらに一段と冷え込んだかもしれませんね。
映像は、遠景比較ショット。前回の1月16日は快晴の青空でしたが、今日は高いところの雲が空の半分くらいを覆っていますBy20090126。これまでは一面の青空に注目していましたが、こうして見比べると白と青が折り重なった空も、なかなか良いかもしれませんね。皆様はどちらがお好みでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月25日 (日)

水沢腹堅



(参考:08年9月25日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、大寒次候「水沢腹堅」(さわみず、こおりつめる) の候に入ります。
長く続く寒気で、沢の水が厚い氷で閉ざされる時期。今日未明の現地は非常に冷え込み、午前3時の気温が氷点下7.8℃でした。これなら、沢の水が凍っても全く不思議はないですね……

実際、この時期は沢の水音が聞こえなくなります。今日は稜線ショット(前回は1月20日)ですが、4ヶ月前の08年9月25日と音を聞き比べてみると、秋には聞こえていた沢の水音が聞こえなくなっていることがわかります。これが、「静寂の冬」を演出する要因の一つです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月24日 (土)

舞う雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は雪がちらちらと舞っています。2つのショットですが、前半では雪が左から右へ流れていくのがわかります。風がその方向に吹いているということですね。後半はズームインしているので、雪にあまりピントが合いませんが、それがかえって幻想的な雰囲気を醸し出しているようにも思います。どちらにもそれぞれの良さがありますね。

今日までが大寒初候「欵冬華く」(ふきのはな、さく) の候でした。まとめ映像を矢竹版鉄塔版でどうぞ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】欵冬華く −ロボットカメラ歳時記−

大寒初候「欵冬華く」(ふきのはな、さく) の候(1/20-24)の鉄塔カメラまとめ映像です(21日以外は欠測)。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】欵冬華く −ロボットカメラ歳時記−

大寒初候「欵冬華く」(ふきのはな、さく) の候(1/20-24)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年1月23日 (金)

一日で融雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


一瞬目を疑ったのですが、昨日降った雪は一日で融けてしまいました。2つのショットで対岸を見渡してみても、見事に全く残っていません。
気象データを見てみたところ、今日未明の現地の気温は0〜0.3℃あたりを推移していた模様。また、アメダスのデータを確認したところ、未明は弱い降水があったようです。つまり、雨が降って雪を融かしたのではないかと思われます。そういえば、昨日の映像でも雨のような音が聞こえました。このときから、雪は融け始めていたのかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月22日 (木)

今年も雪に

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


対岸の雪が一旦ほぼ全て融けてしまった秩父ですが、再び白銀の世界に逆戻り。
もっとも今日は、白銀というよりは灰色が強いですが……しかし、霧の山はどの季節でも幻想的です。

今年は1月9日に雪が降り、その後しばらく降らず対岸は融雪。その後本日(1月22日)に再び雪となりました。
一方去年はというと、こちらも1月13日の未明に降ったあとしばらく降らず融雪し、次に降ったのが1月22日でした。
雪の降るタイミングが似ていますね。偶然でしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月21日 (水)

鉄塔カメラ映像配信開始

●Docomo、SoftBank
高画質版(430キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


本日より、鉄塔カメラの映像配信を開始します(「ロボットカメラ歳時記」シリーズでは先行配信していました)。
鉄塔カメラは正式名称を「天然林樹冠部ロボットカメラ」といいます。08年4月2日の記事に写真付きの説明がありますので、ご覧ください。
今日の映像は、ブナの樹冠部にズームイン。これまで配信していた矢竹カメラではなかなか見ることのできなかった、木の枝の一本一本まで見ることができます。まだ葉はありませんが、芽はすでに膨らみ始めているかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

欵冬華く

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


大寒の初候は「欵冬華く」(ふきのはな、さく) です。
雪の下から、蕗の薹(フキノトウ)が顔を出す時期。節気はまだ冬ですが、植物たちは春を待ちきれず、少しずつ準備を始めているのです。

今日は曇っていますが、よく見ると少しだけ弱い日差しが当たっているのがわかります。後半のショットでは、画面右下に映っている手前のヒノキだけに日光が当たって淡く輝いており、なかなか幻想的な眺めとなっています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月20日 (火)

大寒



(参考:08年7月22日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、冬の最後の節気「大寒」(だいかん) です。
夏の「大暑」(たいしょ) に対応する節気ですが、去年の大暑の入りの日が稜線ショットだったので、今日も稜線ショットにしてみました(前回は1月17日)。By20090120
並べて比較すると、見通しの良さの違いが一目でわかりますね。普段の生活ではあまり実感できませんが、我々のまわりに当たり前のように存在している空気の見た目は、ここまで大きく変化するのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月19日 (月)

いきなり強風

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は2つのショットをご紹介です。
前半は、昨日の前半と同じショットですが、雪が急速に溶けたのがよくわかりますね。
後半のショットでは、かなりの強風。前半のショットからわずか1分半しか経っていないのにこの変わり様とは……山を侮ってはいけません。

今日までが、小寒末候「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく) の候(1/15-19)でした。まとめ映像を矢竹版鉄塔版でお楽しみください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】雉始めて雊く −ロボットカメラ歳時記−

小寒末候「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく) の候(1/15-19)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】雉始めて雊く −ロボットカメラ歳時記−

小寒末候「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく) の候(1/15-19)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年1月18日 (日)

山肌の雪の見え方

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


雪がだいぶ減ってきて、今日は対岸の歩道に積もっている雪が目立っています。
また、晴れていた昨日の映像では遠方の山肌に雪が積もっているかはよく見えなかったですが、曇っている今日の映像では雪がまだまだ多く残っていることが確認できます。対岸の雪の状況を見ても昨日から今日の間に降ったことは考えにくいので、昨日も遠方の山肌には雪がたっぷりあったということです。
1月14日にもこの件については触れていますが、思った以上に曇りの日は山肌の雪がよく見えるようです。今後も曇りの日に注目ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月17日 (土)

なかなか融けない



(参考:08年1月17日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


一年前の今日と同じ稜線ショットです(前回は1月14日By20090117
どちらも素晴らしい見通しの良さですが、気になるのはやはり、雪の量。今年のほうが雪が多いのは一目瞭然なのですが、注目すべきはこの雪が降った日です。昨年は1月13日の未明でしたが、今年は1月9日。今年のほうがまとまった雪が降ってから長く経っているのに、多く残っている。今年のほうが雪が多いことが、あらためて実感できます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月16日 (金)

雉始めて雊く



(参考:12月29日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日から、小寒末候「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく) の候に入っています。
日本の国鳥である雉子(キジ)が、甲高い声で鳴き始める頃。国鳥に指定されたのは1947年のことなので、それとは関係なく古来から七十二候に登場するほど身近な存在だったのですね。

今日は遠景比較ショット。前回の1月13日は映像がおかしかったので、前々回の12月29日との比較となりますBy20090116
冬も深まり、空の青さもまた一段と深みを増したといいますか、透明感・清涼感をより感じられるようになったと思います。現地は非常に寒いでしょうが、映像で見る分には、たいへん心地良い眺めです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月15日 (木)

小正月

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


かつての旧暦では、1月15日は「小正月」(こしょうがつ) と呼ばれ、小豆粥を食べたり元服の儀を行ったりという習慣があったそうです。以前、1月15日が成人の日とされていたのは、この元服の儀の習慣と関連があったようですね。
旧暦は月の満ち欠けによる太陰暦を基礎にしていたので、小正月の夜は必ず満月でした。元服の儀を済ませた男子は、この満月を眺め、大いなる野望に心を馳せたことでしょう。それが現代では……

今日の映像は、もの悲しげに鳴く鳥の声。この鳥も、情緒あるかつての暦に想いを巡らせているのでしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月14日 (水)

今日は正常



(参考:1月12日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は正常な映像が送られてきたので、また一安心。
稜線ショットですが、前回の1月12日と比べるとBy20090114遠方の山肌の雪融けが進んだのがわかります。それにしても、前回の山肌の雪の見え具合はすごかったのですね。今日のように天気がよいと、山肌に日向と日陰ができてしまい、雪がよく見えなくなってしまいます。そういう点では、「曇天の雪景色」にも注目しなければいけないですね。

今日までが、小寒次候「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ) の候でした。本候も、まとめ映像は矢竹版鉄塔版の2つがあります。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】水泉あたたかを含む −ロボットカメラ歳時記−

小寒次候「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ) の候(1/10-14)の鉄塔カメラまとめ映像です(10-13日は欠測)。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】水泉あたたかを含む −ロボットカメラ歳時記−

小寒次候「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ) の候(1/10-14)の矢竹カメラまとめ映像です(10日は欠測、13日はエンコードミス?)。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年1月13日 (火)

水泉あたたかを含む(映像ヘン)



(参考:12月29日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


1月10日から小寒次候「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ) の候に入っています。映像が送られて来なかったりして、すっかり失念しておりました。
地中で凍っていた清水が、少しずつ融けて動き始める時期。なかなか目に見えないであろうこのことを、古人はどのようにして感じ取っていたのでしょうか……

そして、今日の映像はご覧のとおりなんだかヘンです。一応、遠景比較ショットなのですが、前回の12月29日などと比べるとわかるように、画面が本来の位置からズレてしまっています。音もなんだかヘン……
それでも、一応映像記録としては参考程度にはなるので、配信しておきます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月12日 (月)

雪形

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今回の雪はなかなかたっぷり降ったようで、遠景比較ショット(前回は1月8日)に映っている遠方の山肌も、白い模様がくっきりと浮かんでいます。同じく雪の降った数日後の稜線ショットの12月24日と比べるとBy20090112、雪の多さが実感できるかと思います。
今日は日照状態の影響もあるのか、特に雪が積もっている部分の形がくっきりと見えますが、このような雪の部分を何かの形に見立てたものを雪形(ゆきがた) といい、日本各地で古くから農作業の開始時期の目安として用いられていたようです。このロボットカメラ映像でも、雪形を提案できると面白いかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月11日 (日)

雪景色、ですが……

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は無事、晴天の雪景色が送られてきました。もっとも、1日空いてしまったので、針葉樹の葉についていたであろう雪はほぼ全部融けてしまったようです。針葉樹の葉についた雪が日光を受けて光輝くのが個人的には好きなのですが…… それでも、今日映像が送られてきたことに一安心です。
今日のショットは、固定のものにしてみました。音を聞いていただきたいからです。冬の山は静寂が支配する世界。だからこそ、他の季節・環境では聞こえてこないであろう、鳥の小さなさえずりの声や雪融け水の滴る音などを聞くことができるのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月10日 (土)

おそらく雪景色

今日は映像の伝送がありませんでした。
おそらく、晴天の雪景色だったのでしょう。残念です。

しかしそれより何より、明日しっかり映像が送られてくると良いのですが……

2009年1月 9日 (金)

去年より早い

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(190キロバイト)

●au
動画はこちら


このところ晴天続きでしたが、ようやく雪が降りました。もっとも、去年の1月13日まで降らなかった(しかも12日は雨!)ので、去年よりは早いということですね。
雪はまだ降り続けているようなので(後半のショットの右下をよく見ると散らついている)、明日の風景が楽しみです。

さて、今日までが小寒初候「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう) の候でしたが、今回はいつものまとめ映像(矢竹カメラ)に加え、鉄塔カメラのまとめ映像も試験的に配信します。是非ご覧ください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】芹乃ち栄う −ロボットカメラ歳時記−

小寒初候「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう) の候(1/5-9)の鉄塔カメラまとめ映像です(5日と8日は欠測)。


鉄塔カメラ歳時記一覧

2009年 鉄塔カメラ歳時記一覧

※矢竹版はこちら

穀雨 末候 「牡丹花咲く」(ぼたん、はなさく)
穀雨 次候 「霜止みて苗出ずる」(しもやみて、なえいずる)
穀雨 初候 「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず)

清明 末候 「虹始めて見る」(にじ、はじめてあらわる)
清明 次候 「鴻雁北る」(こうがん、かえる)
清明 初候 「玄鳥至る」(つばめ、きたる)

春分 末候 「雷乃ち声を発す」(かみなり、すなわちこえをはっす)
春分 次候 「桜始めて開く」(さくら、はじめてひらく)
春分 初候 「雀始めて巣う」(すずめ、はじめてすくう)

啓蟄 末候 「菜虫蝶と化る」(なむし、ちょうとなる)
啓蟄 次候 「桃始めて笑く」(もも、はじめてさく)
啓蟄 初候 「蟄虫戸を啓く」(すごもりむし、とをひらく)

雨水 末候 「草木萌え動る」(そうもく、めばえいずる)
雨水 次候 「霞始めて靆く」(かすみ、はじめてたなびく)
雨水 初候 「土の脉潤起こる」(つちのしょう、うるおいおこる)

立春 末候 「魚氷を上る」(うお、こおりをいずる)
立春 次候 「黄鶯睍睆」(うぐいす、なく)
立春 初候 「東風凍を解く」(はるかぜ、こおりをとく)

大寒 末候 「鷄始めて乳」(にわとり、はじめてとやにつく)
大寒 次候 「水沢腹堅」(さわみず、こおりつめる)
大寒 初候 「欵冬華く」(ふきのはな、さく)

小寒 末候 「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく)
小寒 次候 「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ)
小寒 初候 「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう)


ニコニコマイリスト

2009年 矢竹カメラ歳時記一覧

※鉄塔版はこちら

穀雨 末候 「牡丹花咲く」(ぼたん、はなさく)
穀雨 次候 「霜止みて苗出ずる」(しもやみて、なえいずる)
穀雨 初候 「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず)

清明 末候 「虹始めて見る」(にじ、はじめてあらわる)
清明 次候 「鴻雁北る」(こうがん、かえる)
清明 初候 「玄鳥至る」(つばめ、きたる)

春分 末候 「雷乃ち声を発す」(かみなり、すなわちこえをはっす)
春分 次候 「桜始めて開く」(さくら、はじめてひらく)
春分 初候 「雀始めて巣う」(すずめ、はじめてすくう)

啓蟄 末候 「菜虫蝶と化る」(なむし、ちょうとなる)
啓蟄 次候 「桃始めて笑く」(もも、はじめてさく)
啓蟄 初候 「蟄虫戸を啓く」(すごもりむし、とをひらく)

雨水 末候 「草木萌え動る」(そうもく、めばえいずる)
雨水 次候 「霞始めて靆く」(かすみ、はじめてたなびく)
雨水 初候 「土の脉潤起こる」(つちのしょう、うるおいおこる)

立春 末候 「魚氷を上る」(うお、こおりをいずる)
立春 次候 「黄鶯睍睆」(うぐいす、なく)
立春 初候 「東風凍を解く」(はるかぜ、こおりをとく)

大寒 末候 「鷄始めて乳」(にわとり、はじめてとやにつく)
大寒 次候 「水沢腹堅」(さわみず、こおりつめる)
大寒 初候 「欵冬華く」(ふきのはな、さく)

小寒 末候 「雉始めて雊く」(きじ、はじめてなく)
小寒 次候 「水泉あたたかを含む」(しみず、あたたかをふくむ)
小寒 初候 「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう)


2008年の一覧はこちら

ニコニコマイリスト

【矢竹版】芹乃ち栄う −ロボットカメラ歳時記−

小寒初候「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう) の候(1/5-9)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年1月 8日 (木)

今年は冬らしく



(参考:08年1月8日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


1年前の今日と同じ稜線ショットです(前回は1月1日)。去年の映像を改めて見てみるとBy20090108、同じ日、同じ冬のものとは思えない見通しの悪さです。本来の冬の晴天日は、今日のように武甲山まで見えるほどの見通しの良さがあります。
また、今日は別ショットで鳥が画面に映っていたので、最後に載せておきました。画面最下部を、左から右へ高速で横切ります。もう少しゆっくり飛んでくれると嬉しいのですが……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月 7日 (水)

近景比較ショット待望論

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


お馴染みの「近景比較ショット」が、昨年12月16日を最後に、なかなか送られてきません。12月30日には後半だけ送られてきましたが、やはりまとめ映像に使われている前半のショットがほしいところです。
ショットの撮影順はあらかじめ決められており、近景比較ショットは昨日ご紹介したショットの次になっています。そして、今日の映像はまさにその部分が送られてきました。が、肝心の近景比較ショットに到達する直前で、映像は切れてしまっています……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月 6日 (火)

芹乃ち栄う

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


小寒初候「芹乃ち栄う」(せり、すなわちさかう) の候に入ります。
冬のうちでも特に寒いこの時期ですが、芹は早くもその青々とした芽を伸ばし始めます。そういえば、芹は春の七草の一つでしたね。明日が、その七草の日です。

映像はいつもの寄りのショット。特に前半では地肌も映っていますが、ここにも芹の芽は出ているのでしょうか? さすがにこの距離だとわかりません。地面を撮影するカメラがあっても面白いかもしれませんね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月 5日 (月)

小寒



(参考:08年1月5日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


「小寒」(しょうかん) の節気に入りました。小暑と対をなす節気で、これから最も寒い時期に向かいます。
今日も1年前と同じショットにしてみました。今日の方が1年前より日差しが強く、気温も去年が約0℃だったのに対して今日は2.8℃くらいまで上がっています。もっとも、2.8℃でも十分に寒いのですが……
そういえば、12月は何度か雪が降りましたが、年が明けてからは降っていませんね。去年の今日の記事でも、雪が降らないことに言及しています。昨年は結局13日まで雪が降りませんでしたが、今年はどうなるでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月 4日 (日)

冬の1年前比較



(参考:08年1月4日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(490キロバイト)
低画質版(220キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は1年前の今日と同じショットで見比べてみましょうBy20090104
秋は紅葉の進み具合が違ったりしましたが、冬は基本的に同じような眺めとなりますね。ただ、去年はやや強い風が吹いていたのに対し、今日は風が感じられません。また、画像で赤丸をつけたヒノキが1年で少し伸びているのがしっかり映っています。

今日までが、冬至末候「雪下りて麦出る」の候でした。まとめ映像はこちら


PC向け動画ダウンロードはこちらから

雪下りて麦出る −ロボットカメラ歳時記−

冬至末候「雪下りて麦出る」(ゆきわたりて、むぎのびる) の候(12/31-1/4)のまとめ映像です。


「ロボットカメラ歳時記」シリーズ一覧

2009年1月 3日 (土)

睦月

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


旧暦1月の別名は「睦月」(むつき) ですが、これは「知人、親戚が行き来し、睦み合う月」という意味だそうです。皆様、お正月にはゆっくり睦み合う時間が取れましたでしょうか?

山はというと、今日は冬ならではの静寂。山の動物たちも、自分たちの寝床で睦み合っているのかもしれませんね。
夏にエゾハルゼミやエゾゼミの鳴き声を毎日のように聞いていたことを思い出すと、この静寂が一種異様なものにも思えます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから


※※告知※※
●ニコニコ動画において、「ロボットカメラ歳時記」シリーズ連載中です! シリーズ一覧はこちら
mixiコミュニティがあります。アカウントお持ちの方は是非ご参加を!

2009年1月 2日 (金)

木の揺れ方



(参考:08年12月31日の映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(280キロバイト)

●au
動画はこちら


天気の良い日が続きます。新年のスタートとしては気持ち良いですが、少し雪も見たくなりますね。
今日は去年の12月31日と同じショットです。どちらも手前のヒノキが風に揺られていますが、ズームインすると今日は31日とは異なり、奥のスギも風に吹かれて大きく揺れているのが見えます。かなり強い風が吹いているのでしょう。
ところで、今日のスギはかなりサワサワと小刻みに揺れているようにも見えますが、一本一本に注目して見てみると、実はかなりゆっくり(大きな振幅で)大きく揺れていることに気づきます。これまではこのような光景を全体として捉えていましたが、細部に注目するとまた違った見え方になるのですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年1月 1日 (木)

晴天の元日

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


ロボットカメラ君がブログをスタートしてから2回目のお正月を迎えました。
昨年の元旦と同じ稜線ショットBy20090101(前回は08年12月27日)です。去年の元旦は曇りでしたが、今年は澄んだ冬空でスタート。幸先が良いですね!
今年も毎日更新、続けて参ります。よろしくお願い致します。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »