« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »

2009年4月

2009年4月30日 (木)

対岸にはっきり緑

携帯電話向け動画はこちら


風向風速計ショットの対岸が、いよいよ本格的に緑を帯びてきました。例えば、4月9日と見比べてみてください。だいぶ、緑が濃くなってきたのが観察できると思いますBt20090430。鉄塔カメラは矢竹カメラより200メートルほど標高が高いので、こちらのほうが芽吹きは遅くなるのです。
今日は旋回ショットまで入れておきました。こちらは、4月27日に観察された開芽の始まりが、意外と進んでいない印象を受けます。過去の映像を見る限りは、一旦開きだすとあっという間に開芽が進む印象があったのですが……今後もしっかり毎日観察していきたいと思います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

牡丹花咲く

携帯電話向け動画はこちら


穀雨末候「牡丹花咲く 」(ぼたん、はなさく) の候に入ります。春の最後の候になります。
ロボットカメラの映像には、牡丹の花は映りません。映像の中でいま咲いているのは、ヤマザクラ。By20090430a今日も近景比較ショットですが、昨日から注目している画像赤丸部分だけでなく、黄丸部分でもヤマザクラが咲いてきたのが見えます。本候のロボットカメラ七十二候は「山桜花咲く」で決まりでしょうか?By20090430b
後半には、カラマツが数本並んでいるショットを入れてみましたが、こちらもだいぶ芽吹いて緑に色付いてきました。同じショットを入れている4月3日と比べると、カラマツはもちろん、周りの針葉樹も含め、そのあまりの景色の違いに驚かされます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月29日 (水)

冬の雰囲気残る

携帯電話向け動画はこちら


今日までが、穀雨次候「霜止みて苗出ずる」の候でした(まとめ映像はこちら)。いよいよ、「春」もあと一候を残すのみです。
しかし、鉄塔カメラではうっすらと緑がかっている部分はあるものの、まだまだ顕著な芽吹きは観察できません。また、4月22日に紹介した雪だまりも、今日の映像でまだ残っているのが確認できます。春の終わりを迎えて、鉄塔カメラはまだまだ冬の雰囲気を残していると言えます。
残りはあと5日。鉄塔カメラ映像も、無事に芽吹きを見届けてから夏に入れるでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

ヤマザクラ開花進む

携帯電話向け動画はこちら


近景比較ショットのヤマザクラ、だいぶ開花が進みました。前回の4月26日と比べると、だいぶ白みを帯びてきたのがおわかりいただけると思います(画像By20090429赤丸部分)。満開も近そうですね。
後半はユリノキのショット。ここはまだ開芽が見られません。昨年はこのショットがなかったですし、今年はユリノキの開芽もチェックしていきたいと思います。

今日で、穀雨次候「霜止みて苗出ずる」の候も終わりです。この5日間は特に新緑の芽吹きが顕著でした。ロボットカメラ七十二候は、「霜止みて山青む」といったところでしょうか。もう少し、「山がだんだん緑がかっていく」というニュアンスを出せると良いのですが、何か良い言葉はないでしょうか?
本候の矢竹カメラまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】霜止みて苗出ずる −ロボットカメラ歳時記−

穀雨次候「霜止みて苗出ずる」(しもやみて、なえいずる) の候(4/25-29)の鉄塔カメラまとめ映像です(28日は欠測)。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】霜止みて苗出ずる −ロボットカメラ歳時記−

穀雨次候「霜止みて苗出ずる」(しもやみて、なえいずる) の候(4/25-29)の矢竹カメラまとめ映像です(28日は欠測)。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月28日 (火)

矢竹映像無し

今日は、矢竹カメラの映像を伝送する現地パソコンが立ち上がらなかったようで、映像が送られてきませんでした。開芽の時期は、1日でも映像が見られないのは痛いですね……

2009年4月27日 (月)

旋回ショットで開芽

携帯電話向け動画はこちら


開芽しそうでなかなかしなかった鉄塔カメラ映像。
前半はいつものショットですが、同じショットの4月24日と比べてどうでしょうか? 残念ながら、あまり目立った変化は観察できません。むしろ、あまり聞き慣れない鳴き声が聞こえるほうが気になりますね。
そして、今日の注目は後半の旋回ショット! これは4月25日などと見比べれば一目瞭然ですね。葉が開いているのが、はっきりと確認できます!
矢竹カメラの映像では、色が変わっていくのしか観察できませんが、こちらではまさに葉が開く様子が観察できます。これは思った以上に興奮ものですね!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

下から緑に

携帯電話向け動画はこちら


今日は遠景比較ショットで、芽吹きの進み具合を見てみましょう。前回の4月20日は曇っていたので、今日はその前の4月15日と見比べてみますBy20090427
広葉樹部分が全体的に緑がかってきました。このショットは上下でかなりの標高差があるので、この時期の観察はとても面白いです。実際に今日の映像では、下のほうの標高が低い部分は、緑がよりハッキリと見えますね。
また、画像の赤丸部分などにある白っぽいものは、おそらくヤマザクラでしょう。

後半には、ちょっと珍しいショットを入れてみました。ちょうど画像の黄枠部分ですね。そこからさらにズームインしますが、ほとんど針葉樹しかないこのショットは、この時期ばかりは少々つまらないですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月26日 (日)

まもなく開芽?

携帯電話向け動画はこちら


矢竹カメラの映像はすっかり新緑が目立つようになりましたが、鉄塔カメラは開芽しそうでなかなか…… 昨日の映像を見る限り、確実に変化は観察できるのですが、最後のところでなかなか焦らせてくれます。今日はなかなか風が強いので、この風に吹かれて一気に芽がほころんでくれないでしょうか?
昨年はこの時期矢竹カメラしかなかったので、今年はより近いところで新緑の芽吹きを観察できるのは本当に楽しみです。だからこそ、開芽が本当に待ち遠しいですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

そろそろヤマザクラ

携帯電話向け動画はこちら


広葉樹の開芽がどんどん進み、山は緑が優先する世界へと変わりつつあります。
前半は稜線ショットですが、前回の4月22日よりさらに山肌の緑が濃くなってきたように見えます。
後半は、注目の近景比較ショット(前回は4月24日)。今日は3日前のものと見比べてみます。開芽が進み、淡い緑の部分が増えているのは一目瞭然。さらに、今後は画像By20090426の赤丸部分にも注目です。ここはヤマザクラが咲く部分で、よく見ると両者にもわずかな違いが観察できます。今日のほうが、うっすらと白く見えますね。一昨日現地へ行った先生の証言によると、開花はすでに始まっているとのことです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月25日 (土)

旋回ショットに変化



(参考:4月7日の映像)

携帯電話向け動画はこちら


昨日あたりから、鉄塔カメラの映像でもブナの開芽の兆候が現れ始めていますが、今日は旋回ショットで「異変」に気がつきました。
今日の映像と、ほぼ同じ部分を紹介している4月7日の映像を見比べてみてください。今日の映像の広葉樹部分に、何か黄色っぽいものがたくさんあるのが見えます(静止画Bt20090425も合わせてご参照ください)。これはおそらく、開芽直前の芽だと思われます。明日以降の映像、引き続き注目ですね!


PC向け動画ダウンロードはこちらから

霜止みて苗出ずる

携帯電話向け動画はこちら


穀雨次候「霜止みて苗出ずる」(しもやみて、なえいずる) の候に入りました。
霜が止んで、稲の苗が良く育つ時期。この「霜が止む」というのは、本当にこの時期に霜が止む、という観察的なものではなく、「そういえば、もうすっかり霜が降りなくなりましたねぇ」という感じの、感覚的な要素が要素があるように思います。したがって、ロボットカメラ七十二候としても十分に使える表現でしょう。一方「苗出ずる」のほうは、少し考えないといけませんね。

今日の映像は、まさに大地を潤す「穀雨」といった様相。遠景だと様子がよくわかりますが、ズームインした映像では雨の音が聞こえるのみという状態になっています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月24日 (金)

芽がふくらんだ?

携帯電話向け動画はこちら


今日までが、穀雨初候「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず) の候。鉄塔カメラのまとめ映像はこちらです。
矢竹カメラの記事では「木の芽始めて開く」の候だった、と書きましたが。鉄塔カメラ映像のほうはまだ目立った開芽が見られません。しかし、先日現地でブナを見た方の証言を念頭に今日の映像を見ると、なんだか今まではなかった小さなポツポツがたくさん出現しているように見えます。これが、ふくらんできたブナの芽なのでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】葭始めて生ず −ロボットカメラ歳時記−

穀雨初候「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず) の候(4/20-24)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

昨年との芽吹き比較



(参考:08年4月24日の映像)

携帯電話向け動画はこちら


今日は、ちょうど一年前の08年4月24日の映像と比較してみます。静止画By20090424も合わせてご覧ください。やはり、今年のほうが広葉樹の芽吹きが早いのが確認できます。しかし、しっかり同じところから芽吹いているのは面白いですね。
後半には、カラマツが映っているショットを入れてみました。画面中央がカラマツですが、ほんのり薄緑になっています。こちらも、これから一気に開芽が進むと思います。

今日までが穀雨初候「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず) の候でした。矢竹カメラのまとめ映像はこちらです。
矢竹カメラ映像的には、本候はまさに「木の芽始めて開く」といったところでしょうか。昨年の芽吹きもこの候でしたから、案外これはいけるかもしれませんね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【矢竹版】葭始めて生ず −ロボットカメラ歳時記−

穀雨初候「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず) の候(4/20-24)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月23日 (木)

鉄塔のパイプ

携帯電話向け動画はこちら


前半は風向風速計ショット。ゆっくりと回る風速計から、穏やかな陽気の中に吹く爽やかな春の風を想像しましょう。また、対岸にはなんとなく緑色のものが見え始めた気がします。例えば4月9日などと比べるとどうでしょうか? 今後も注目していきたいと思います。
後半は少し見慣れないショット、鉄塔の最上部です。カメラが動いている部分で少し見えたことはありましたが、今日はこうして静止ショットでご紹介することができました。鉄塔の足場パイプがどのように組まれているか、じっくり見てみてください。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

ズームイン二つ

携帯電話向け動画はこちら


良い天気ですね。鳥たちの鳴き声にも、心なしかいつにも増して穏やかさが感じられます。

広葉樹の開芽が順調に進んでいるので、今日はズームインのショットを2つ並べました。
前半は、紅葉くらべシリーズでお馴染みだったショット。紅葉と同様に、もちろん新緑についても注目ショットです。実際、すでに緑が少し見えていますね。
後半は、さらにお馴染みの近景比較ショット。前回の4月21日と比べるとBy20090423、わずかですがしっかり開芽が進んでいるのが観察できます。特に、画像の赤丸部分などですね。昨年の様子と比較すると、今日はだいたい4月27日と同じ感じ。今年は、去年より3日ほど開芽が早いようです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月22日 (水)

雪だまり

携帯電話向け動画はこちら


今日のショットのはじめの、カメラが動いている部分で、遠方の山肌の一部が白くなっています(画像Bt20090422の赤丸部分)。これは以前から気になっていたのですが、今日現地で確認したところ、やはり雪がまだ残っているようでした。おそらく、この部分はかなり急な谷か窪地になっていて、木が生えず、大量に雪が溜まっているものと思われます。この雪、いったいいつまで残っているのでしょうか。今後注目です。
後半、ブナの枝にズームインしますが、昨日に引き続き、やはりまだ目立った変化は観察できません。本日現地に同行した方の証言によると、このあたりのブナも少し緑がかってきた、ということなのですが、このショットでは残念ながらわかりませんね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

遠方に緑

携帯電話向け動画はこちら


By20090422a今日は現地に行ってきました。道中、標高が低いところではもう広葉樹の芽吹きが進み、淡い緑が山を覆っていました。
現地でも、例えば前半のショット、画像の赤丸部分に小さく白いものが見えますが、桜が周りに先駆けて咲いていました。映像だとさすがにわかりませんね。やはり、現地に行かないとわからないこともあります。By20090422b
後半は、稜線ショット。前回の4月15日と比べると、遠方の山肌が少し緑がかってきているのが見えます。遠方に映っている山肌は手前の対岸より標高が低いので、もうだいぶ広葉樹の芽吹きが進んでいるのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月21日 (火)

ウグイスは薮の中

携帯電話向け動画はこちら


前半は風向風速計ショット。このショットは天候状態を知るのに便利ですね。今日はかなり雲が出て、雨も少し降っているのでしょうか。風は弱いですが、吹いています。
後半はブナの枝のアップですが、このショットでは芽の状態がわかりませんね。そろそろ、芽がふくらんでくる頃だと思うのですが……もう少しズームインしたショットが見たいところです。

ところで、鉄塔カメラでウグイスの声が聞けない件ですが、どうやら原因はウグイスの生態にあるようです。ウグイスは警戒心が強く、薮の中を好むらしいのですが、鉄塔カメラの周辺の天然林では、シカが下草を食べてしまうため、薮がほとんどありません。そのため、高度的には全く問題ない(ウグイスはハイマツ帯まで行ける模様)のですが、ここにはウグイスがいない、というわけです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

今年も開芽スタート



(参考:4月19日の映像)

携帯電話向け動画はこちら


今年も矢竹カメラ映像に視覚的な春がやってきました!
近景比較ショット、前回の4月19日と見比べると、画像By20090421の赤丸をつけた部分に、前回は見えなかった緑のモコモコが少しだけ出現しています。広葉樹の開芽が、本格的に始まりました。
昨年は4月24日に初めて開芽が観察されたので、今年のほうがほんの少し早いかもしれません。それでも、はじめに開芽が始まった木は、見事に同じですね。

後半には、単独のカラマツが並んで生えているショットを入れてみました。今日の見た目では、開芽はまだのようです。こちらも、今後合わせて注目しましょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月20日 (月)

穀雨

携帯電話向け動画はこちら


1年ほど前から、本ブログで二十四節気七十二候について触れてきましたが、今後も季節を感じるための指標として、引き続き取り上げていきます。
今日から、「穀雨」(こくう) の節気に入りました。説明は1年前の記事をご参照ください。

今日の映像を見ると、空は少し曇ってどんよりした感じ。予報ではこれから天気は下り坂なので、節気どおり「百穀を潤す雨」が降るかもしれませんね。
そういえば、鉄塔カメラではまだウグイスの声が聞けていません。矢竹カメラではもう毎日のように聞こえてくるようになったのですが……このあたりまでは登ってこないのでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

葭始めて生ず

携帯電話向け動画はこちら


今日から、穀雨初候「葭始めて生ず」(あし、はじめてしょうず) の候に入ります(昨年の記事はこちら)。水辺の葭が芽を吹き出しはじめる時期、ということですが、この映像には水辺が映っていないので、葭の様子を観察することはできません。
このように、ロボットカメラの映像では、必ずしも二十四節気七十二候にマッチした映像が映っているわけではありません。というか、映っているほうが稀です。1年間七十二候を紹介してきて、このことを強く感じました。したがって、このブログで紹介するには、ロボットカメラ特有の候、いわば「ロボットカメラ七十二候」のようなものを考案することが望ましいかもしれません。今後は、このような視点でも映像を見ていきたいと思います。

映像は遠景比較ショット(前回は4月15日)。随分と霞んでいますが、鳥たちの鳴き声はしっかりと。矢竹カメラ映像では、ウグイスはもう当たり前に聞こえるようになりましたね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月19日 (日)

芽吹き前のズームイン

携帯電話向け動画はこちら


矢竹カメラ同様、こちらも芽吹きを観察しやすいショットをここで一度入れておきましょう。いずれもブナの枝にズームインしたショット。今年は去年無かったこの鉄塔カメラ映像があるので、さらに詳細に芽吹きを観察できる可能性があります。次の節気では、特に鉄塔カメラ映像に注目ですね!
それにしても、こうして2つのショットを切り取って繋げると、音環境はたった数分で随分変わるものなのだと、改めて気づかされます。

本候の鉄塔カメラまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

芽吹きの前の近景

携帯電話向け動画はこちら


今日で清明末候「虹始めて見る」の候は終わり、すなわち清明の節気も終わりです。次はいよいよ、芽吹きの候ですね。芽吹きが始まる前に、このあたりで近景比較ショットを入れておきましょう。

……ところが、画像By20090419の赤丸部分のカラマツ、よく見るとすでに薄く緑がかっているではありませんか! これは完全に見落としていました。迂闊でした。
ちなみに、近景比較ショットの前回は映像がおかしかった4月7日なので比較は少し難しいですが、よく見れば見比べることは可能なので、興味のある方はご覧ください。

本候の矢竹カメラまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】虹始めて見る −ロボットカメラ歳時記−

清明末候「虹始めて見る」(にじ、はじめてあらわる) の候(4/15-19)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】虹始めて見る −ロボットカメラ歳時記−

清明末候「虹始めて見る」(にじ、はじめてあらわる) の候(4/15-19)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月18日 (土)

晩春

携帯電話向け動画はこちら


今日は少し聞き慣れない鳴き声が聞こえます。鳥だと思いますが、「ギイッ」という感じの鳴き声。それが聞こえる部分をピックアップしてみました。それでも、他の鳥の鳴き声も聞こえるところが、なんとも春らしいですね。
立春から立夏までの3ヶ月を、初春・仲春・晩春と1ヶ月ごとに分けると、今は晩春の時期に当たります(節気でいうと清明・穀雨)。晩春というと「春の終わり」と考えがちなところですが、この時期は里で新緑の芽吹きがどんどん進み、山でもこれから山桜が咲くなど、まさに春本番の様相を呈します。「春の終わり」ではなく「春の成熟」というのが相応しそうですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

冬を越して……

携帯電話向け動画はこちら


昨日の雨は止み霧も晴れ、再び春の陽気が山全体を包みました。鳥たちも、穏やかな雰囲気で鳴いているように思います。あとは、新緑の芽吹きを待つばかり、ですね。
今日は、以前紹介した枯れたスギの続報です。今日の映像の最後には、9月20日の映像も少しだけ入れてあります(静止画By20090418もご参照ください)。この時点ですでに茶色くなってしまっていたこのスギは、ひと冬越して、どうやら枝がすっかり落ちてしまったようで、辛うじて幹が見えている状態ですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月17日 (金)

無風の霧中

携帯電話向け動画はこちら


鉄塔カメラも深い霧に包まれています。雨の音もあまり聞こえないので、雲の中に入っているようですね。さらに、風向風速計を見ると、ほとんど無風状態。この霧(というか雲)は、しばらくこの場にとどまりそうですね。
このカメラが設置されている鉄塔の近くにはもう一つ鉄塔があり、そこでは霧の観測が行われています。このような日がたくさんあると、観測者もさぞかし嬉しいことでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

雨降りの鳴き声

携帯電話向け動画はこちら


4月14日に続き、雨の山となりました。今日はさらに天候が悪く、濃い霧に包まれています。
それでも、音によく耳を傾ければ、鳥たちの鳴き声が小さく聞こえてきます。ウグイスに、今日はカラスも鳴いています。晴れているときとは、聞こえるものが少し違う感じもしますね。

この雨が植物たちにとっても恵みの雨となるのでしょうか。昨年は4月24日に新緑の芽吹きが観察されました。今年も、そろそろですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月16日 (木)

首振り

携帯電話向け動画はこちら


今日は、カメラが首を振って向きを変えている部分だけをピックアップしてみました。首振りのときには結構大きな作動音がでますが、それを打ち破るくらい鳥が賑やかですね。
これまでにも何度か書きましたが、このカメラが向きを変えている部分は、現地の高品質ビデオテープには記録されていない、ある意味貴重な部分です。しかし、こうして動いている部分だけを繋げてみると、なんとなく落ち着かないような気分になります。やはり、固定ショットあっての移動ショット、なのかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

さえずりの練習?

携帯電話向け動画はこちら


今日もウグイスの鳴き声が聞こえます。が、ちょっと様子がおかしい。ウグイスのさえずりは「ホーホケキョ」ですが、今日聞こえるのは「ホホホ……ケキョ」のような感じですね。うまく鳴けていない感じです。
鳥のさえずりは普段聞いていると当たり前にしているように思いがちですが、やはり最初からいきなり上手くできるわけではないのです。我々人間と同じですね。さらに、上手に鳴けるようになっても、その鳴き方には個体差があったりします。是非、普段身の回りにいる鳥たちの声に、そのような意識で耳を傾けてみてください。思わぬ発見があるかもしれませんよ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月15日 (水)

虹始めて見る

携帯電話向け動画はこちら


今日から清明末候「虹始めて見る」(にじ、はじめてあらわる) の候に入ります。小雪初候「虹蔵れて見ず」に対応する候ですね。秩父の山でももはや雪が降ることはなく、雨が降って虹が出る。そんな季節になってきました。

今日の鉄塔カメラは、爽やかな空気が風となって吹いています。特に前半のショットでは、そこそこの強風ですね。しかし、その中でも鳥たちは元気に鳴いています。これくらいの風など、彼らには何てこともないのでしょう。
それにしても、ウグイスはなかなか鉄塔カメラのほうへはやってきませんね……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

春らしさ

携帯電話向け動画はこちら


今日はシリーズ物2つ、遠景比較ショットと稜線ショットを同時にお届けします。
まずは遠景比較ショット。3月28日以来となりますが、本日見比べていただくのは3月7日のもの。比較用の画像By20090415をご参照ください。ウグイスが鳴くなど春本番の様相を呈してきたこの頃ですが、これを見ると針葉樹たちもすっかり春色に変わっているのがわかります。冬の映像と見比べることで、こんなところからも春らしさが感じられます。
一方、稜線ショットですが、昨日の雨によって空気が洗われ、すっきりと見通しの良い眺めとなっています。前回(4月12日)のような春霞が春らしい眺めだとするならば、その意味では今日は春らしくない眺めだと言えるのかもしれません。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月14日 (火)

雨のウグイス

携帯電話向け動画はこちら


昨日に引き続き、矢竹カメラでは今日もウグイスの鳴き声が。前半はウグイスが聞こえる部分をピックアップしてみました。今日は、同時に雨の音も聞こえます。雨の中でもウグイスが鳴いているということは、秩父の山もだいぶ暖かくなったと思って良さそうですね。
後半は、新しいショットのご紹介です。4月10日の前半で紹介したショットからさらに移動した部分で、ここは中央にスギ、その両脇にヒノキ、そのまた両脇に広葉樹、とバラエティに富んだ樹種構成になっています。

さて、今日までが清明次候「鴻雁北る」の候でした。本候のまとめ映像を矢竹版鉄塔版でどうぞ。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】鴻雁北る −ロボットカメラ歳時記−

清明次候「鴻雁北る」(こうがん、かえる) の候(4/10-14)の鉄塔カメラまとめ映像です(14日は欠測)。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】鴻雁北る −ロボットカメラ歳時記−

清明次候「鴻雁北る」(こうがん、かえる) の候(4/10-14)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月13日 (月)

鉄塔はまだ

携帯電話向け動画はこちら


矢竹カメラでは春のお告げが聞こえた今日、鉄塔カメラはどうかというと、鳥の鳴き声は絶えず聞こえるものの、その中にウグイスは見つからず。
以前に書いたように、ウグイスは里から山に上がってきます。ということは、気温が高くなるにつれて標高の高いところへ移動していくということ。矢竹カメラより標高の高い鉄塔カメラでは、春のお告げはもう少し待たなければならない、ということです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

春のお告げ・2009

携帯電話向け動画はこちら


今年も聞こえてきました、本格的な春の到来を告げるウグイスの鳴き声が。
昨年は4月11日に初めて聞こえたので、だいたい同じ時期ですね。
ただ、まだまだ耳を澄ませて聞かないと聞き逃しそうな、慎ましやかな鳴き声です。実際、昨日の伝送映像の音をよくよく聞き返してみると、ブログで紹介した部分とは別のところでウグイスの鳴き声を確認できました。もしかしたら、もっと前にも鳴いていたかもしれません。
それにしても、この静けさの中に小さいながらも響き渡るウグイスの声……都会の喧噪の中では決して聞くことのできない、自然の素晴らしさを感じられる音風景ではないでしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月12日 (日)

風速計の影

携帯電話向け動画はこちら


矢竹カメラの映像は曇って霞んでいましたが、鉄塔カメラのほうは霞んではいるものの、日差しはあるようです。風向風速計ショットでは、風速計の影が風速計と一緒に回っています。風速計がゆっくり回っているからこそ見られる光景で、なんとなく穏やかさが感じられます。
後半のショットも含め、鳥の鳴き声は断続的に聞こえています。しかし、そういえばウグイスの鳴き声をまだご紹介できていませんね。昨年は4月11日に矢竹カメラで鳴き声が確認できたので、そろそろ山には来ていると思うのですが……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

春霞とヘリコプター

携帯電話向け動画はこちら


このところ爽やかな春の日差しが続いていましたが、今日はちょっと曇った感じに。それでも、この霞んで遠くが見えにくい状態も春らしい眺め、「春霞」ですね。今日は前半に稜線ショット(前回は4月5日)を入れましたので、冬の稜線ショットと見比べてみてくださいBy20090412。あまりの眺めの違いに驚かされます。
後半のショットでは、ヘリコプターの音が聞こえます。こちらは、あまり季節感は感じられないかもしれませんが、いかがでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月11日 (土)

長閑

携帯電話向け動画はこちら


穏やかな日差しに鳥の鳴き声。もうあとはブナの木の芽吹きを待つだけという感じですね。後半の旋回ショット、日当りの良さはまさに「長閑」(のどか) という言葉がぴったりです。
この言葉は、「のどけし」という言い回しで古くから用いられてきました(例:「久方の光のどけき春の日に静心なく花の散るらむ」(紀友則))。「のどけし」は、のんびりと落ち着いた様を表す言葉。今日の映像のような穏やかな日差しが冬より長く差し、人の心ものんびりと穏やかになることから、春の言葉として使われたのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

固定ショット全部紹介・矢竹版

携帯電話向け動画はこちら


矢竹カメラはこのところ久しぶりにトラブル続きでしたが、とりあえず落ち着いたようです。
一段落の記念、ではないですが、鉄塔カメラでは以前にやった固定ショット全部紹介を矢竹カメラでもやってみます。ただ、矢竹カメラは4月3日に伝送映像を追加したので、送られてくる固定ショットは本日実に12を数えました。それでも、20秒あるので、なんとか全部入れることができました。特に鳥の鳴き声など、特徴的な音が聞こえる部分を中心にピックアップしています。矢竹カメラも、だいぶ春の気配が色濃くなってきた感じがしますね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月10日 (金)

鴻雁北る

携帯電話向け動画はこちら


今日から、清明次候「鴻雁北る」(こうがん、かえる) の候に入ります。寒露初候「鴻雁来る」に対応する候ですね。冬の間こちらへ渡ってきていた雁が、北へと帰っていきます。燕は来て、雁は去る。我々と鳥たちの関係についても、春は出会いと別れの季節ですね。
今日の映像は、鳥の鳴き声を中心に取り上げてみました。といっても、鉄塔カメラの映像はもはや絶え間なく鳥の声が聞こえるようになりましたね。ブナはまだ葉を出さないので、見た目は冬と大差ないのですが、こうして鳥の声が聞こえると、はっきり春を感じることができます。音の力はすごいですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

無事正常に復活

携帯電話向け動画はこちら


今日はめでたく伝送成功です。映像も正常ですね。
また目新しいショットが入っていたので、一挙にご紹介です。
はじめは4月3日の映像のズームイン後と同じショットですが、今日はそこからさらに移動。ここに映っている広葉樹は、4月2日の映像などで見ることができる、針葉樹に囲まれて孤立した広葉樹です。
その後ショットが切り替わりますが、今度は遠景比較ショット(3月28日など)の一部分にズームインしたショットです。どの部分か探してみてください。そして最後に、そこからさらにズームイン、という具合です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月 9日 (木)

穏やかな風

携帯電話向け動画はこちら


遠方の山が見渡せるこの部分も、10秒の制限が無くなったことでだいぶゆったりじっくりと見られるようになりました。よく見ると、山の一番上のほうにはまだ少し雪が残っているように見えますね。
後半は風向風速計を少し入れてみました。風速計がくるくると軽快に回っています。今日は現地もそこそこ暖かいでしょうから、この風も気持ちよく感じられるのではないでしょうか。

今日までが、清明初候「玄鳥至る」の候でした。鉄塔カメラのまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

残念ながら今日も……

今日は我々の研究メンバーが現地へ行って、いろいろシステムメンテナンスを行いました。それでも、残念ながら矢竹カメラ映像は伝送されず……明日こそは!
今日までが、清明初候「玄鳥至る」の候でした。矢竹カメラのまとめ映像はこちらです。

【鉄塔版】玄鳥至る −ロボットカメラ歳時記−

清明初候「玄鳥至る」(つばめ、きたる) の候(4/5-9)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】玄鳥至る −ロボットカメラ歳時記−

清明初候「玄鳥至る」(つばめ、きたる) の候(4/5-9)の矢竹カメラまとめ映像です(6日と8-9日は欠測、7日は映像ヘン)。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月 8日 (水)

固定ショット全部紹介

携帯電話向け動画はこちら


昨日から配信する映像を20秒間にしたので、今日は伝送されてきた映像の固定ショットとその前後を、3つ全て入れてみました。伝送映像は30秒×3ファイルですが、この20秒間にエッセンスが含まれているといえます。20秒あると、このような概略的な見方もできるようになりますね。
今日は少し曇っているでしょうか。なんとなく寂しげな雰囲気がします。鳥の鳴き声もわずかに聞こえるばかり。それでも、このところまとまった雨は降っていませんね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

サーバトラブルか

今日は再び映像伝送なし、となってしまいました。ただ、今日は原因が大学のサーバ側にあったかもしれません。現在はひとまず復旧しているので、明日は映像が送られてくるはずですが、果たして……

2009年4月 7日 (火)

Youtubeが携帯3キャリアに対応

携帯電話向け動画はこちら


Youtubeが、4月6日より携帯電話3キャリアへ対応を開始したようです。Docomo、au、SoftBankの3キャリアで、Youtubeにアップロードした動画を閲覧できるようになりました。これに伴い、このブログでの映像配信をYoutubeに一本化します。
どのキャリアでも最低20秒間は閲覧可能なので、ご紹介する映像の長さをこれまでの10秒から20秒に変更することにしました。今日は、お馴染みの旋回ショットを20秒で。風向風速計のショットから、カメラがどのように旋回していくかが、これまで以上によくわかるのではないでしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

伝送復活、しかし……(映像ヘン)

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日は映像が送られてこないトラブルでしたが、今日は伝送は復活したものの、映像自体はおかしくなってしまっています。これまでにも何度か起こっている現象ですね(3月22日など)。電圧が不安定になっていることが原因かもしれません。
それでも、今日は近景比較ショット(前回は3月21日)ですが、この部分の木の様子を観察する目的ならば、この映像も使えないことはありません。映像がこのような状態になってしまっていることを記録しておけば、このような映像も使えるデータとなる可能性があるのです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月 6日 (月)

暖か

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


最近、暖かい日が続いていますね。皆さんも、「暖かくなりましたね」などと挨拶を交わし、春の喜びを分かち合っているのではないでしょうか。映像からも、なんとなく暖かい空気が感じられるような気がします。
今の時期の気温は、10月か11月くらいと同じなのですが、感じ方はだいぶ違います。同じ気温でも、春は暖か、秋は涼し。厳しい冬を乗り越えてたどりついた喜びという、四季があればこその感覚を、大切にしたいですね。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

伝送映像なし

今日は久しぶりに矢竹カメラからの伝送映像がありませんでした。先日の伝送映像追加の際に、ほかにも色々と設定をいじったのですが、やはり完璧にはいかないのが人間のする仕事でして、どうやら小さいながらもトラブルが発生しているようです。
それでも、ネットワークが現地まで繋がって、ある程度現地の状態が確認できることを考えると、一昔前より随分とシステム的に進歩したなと思います。

2009年4月 5日 (日)

玄鳥至る

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


清明の初候は「玄鳥至る」(つばめ、きたる) です。白露末候の「玄鳥去る」と相対する候ですね。冬の間に南へ行ってしまっていた燕が、ようやく帰ってきます。
映像はお馴染みの旋回ショットですが、やはりこのショットは日当りがいいと見栄えがします。特に終盤の林床が見える部分は、光が木の間をぬって林床に差している様が感じられて良いと思います。この暖かな光が、燕たちを招き寄せるのでしょう。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

清明

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から「清明」(せいめい) の節気に入ります。
今日は稜線ショット(前回は3月29日)ですが、春うららかに万物清明、と言うには少し曇って寂しげな、冬の気配がまだ残っている眺めに思えます。
ちなみに、これまで紹介してきた二十四節気ですが、これは中国ではじめに考案されたもの。中国での清明節(清明の節気の入りの日)は、祖先のお墓参りをしてお墓を掃除する日であり、「掃墓節」とも呼ばれるそうです。また、春を迎えて郊外を散策する日ということで「踏青節」とも呼ばれるようです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月 4日 (土)

高いところは残雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(430キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


4月1日に降った雪ですが、ほとんど融けてしまったものの、今日の映像で遠方に見えるような高い山の上には、まだ少しだけ残っているようですね。このあたりは、やはり標高の違いを強く感じます。
今日の鉄塔カメラでは、鳥の鳴き声がほとんど聞こえませんね……天気があまり良くないせいでしょうか。

今日までが、春分末候「雷乃ち声を発す」の候でした。本候の鉄塔カメラまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

林道

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(290キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日の伝送映像追加で、今日も今まで送られてきたことのないショットが来ました。これまでとだいぶ雰囲気の異なるショットですが、これはいつもご紹介している対岸ではなく、カメラのあるこちら側の山の様子です。映像にはちょうどカメラ脇の林道が映っていますね(画像By20090404の赤線を入れた部分)。矢竹カメラは、車ですぐ近くまで行くことができます。

今日までが、春分末候「雷乃ち声を発す」の候でした。本候の矢竹カメラまとめ映像はこちらです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

【鉄塔版】雷乃ち声を発す −ロボットカメラ歳時記−

春分末候「雷乃ち声を発す」(かみなり、すなわちこえをはっす) の候(3/30-4/4)の鉄塔カメラまとめ映像です。


鉄塔カメラ歳時記一覧

【矢竹版】雷乃ち声を発す −ロボットカメラ歳時記−

春分末候「雷乃ち声を発す」(かみなり、すなわちこえをはっす) の候(3/30-4/4)の矢竹カメラまとめ映像です。


矢竹カメラ歳時記一覧

2009年4月 3日 (金)

標高よりも周囲環境

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


今日は鉄塔カメラの3ショットを連続で次々と流していますが、どのショットでも鳥の鳴き声が聞こえます。それも1種類というわけではなく、よく聞くとかなりの種数が聞こえます。百千鳥の言葉が相応しい感じです。
矢竹カメラは鉄塔カメラよりも標高が低い(矢竹約1000m、鉄塔約1200m)ですが、本日の矢竹カメラ映像では鳥の鳴き声は一切聞こえませんでした。鳥たちは気温が上がるにつれて次第に里から山へと移動してきますが、今日は標高の高いほうのカメラから多くの鳥の鳴き声が聞こえてきました。200mくらいの標高差なら、周囲の環境のほうが影響が強いということでしょうか。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

伝送映像追加

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から、矢竹カメラの伝送映像が追加されました。これまで3ファイル(1ファイル約30秒)だったのが、7ファイルになりました。これで、多くのショットが確実に毎日伝送されるようになると思います(稜線ショット、近景比較ショットなど)。
今日は、この追加によって今までご紹介したことのないショットが送られてきたので、その部分を載せました。最初は、3月31日の前半などと同じ、お馴染みのショットですが、そこから少し下を向いてズームイン。このショットの大半は針葉樹が占めていますが、数本茶色の木が。これは、孤立して生えているカラマツです。1本1本がくっきり見えるので、これからの新緑の時期は葉が出てくる様子が観察しやすそうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月 2日 (木)

冬のような雰囲気

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(260キロバイト)

●au
動画はこちら


こちら鉄塔カメラでは、標高が高いぶん「卯月の雪」がまだ多く残っています。お馴染みの風向風速計ショットの向こう側で確認しましょう。3月31日の前半が同じショットですが、明らかに雪が積もったのがわかりますBt20090402。今日は天気が良く風が強いこともあり、本当に冬のような眺めと雰囲気。もし今日の映像の日付を隠したら、果たしてこれが4月のものだとわかるでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

雪わずかに残る

●Docomo、SoftBank
高画質版(450キロバイト)
低画質版(270キロバイト)

●au
動画はこちら


昨日降った「卯月の雪」ですが、矢竹カメラのほうでも降っていたようで、今日の映像にはわずかに白いものが見えます。寒いといえど、やはり4月なので、雪が降ってもそれほど多くは積もらず、長くは残りません。
今日も現地で作業が行われており、話し声が聞こえますね。矢竹カメラでもソーラーパネルが増設され、電源に余裕がでてきました。今後、ソーラーパネルで発電した電気を充電する充電器の電圧が、インターネット経由で随時確認できるようになる予定です。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2009年4月 1日 (水)

卯月の雪

●Docomo、SoftBank
高画質版(460キロバイト)
低画質版(300キロバイト)

●au
動画はこちら


Bt20090401鉄塔カメラは深い霧に包まれました。今日と同じショットの3月27日と見比べると、枝までそれほど距離がないにもかかわらず、霧で見えなくなっている枝があるのがわかります(写真1枚目)。
現地ではこのあと、昼過ぎから雪が降り始めました(写真2枚目)。昨年は3月に降った雪を記事に取り上げましたが、これは全く珍しいことではなく、今日のように4月に雪が降ることも、秩父演習林ではしばしばあります。
Dscn0027lこのような天候だったので、現地作業は鉄塔カメラそばのコンテナハウス内が中心に。普段はなかなか見られない人口密度でした(写真3枚目)。

Dscn0015l_2

PC向け動画ダウンロードはこちらから

卯月

●Docomo、SoftBank
高画質版(440キロバイト)
低画質版(200キロバイト)

●au
動画はこちら


今日から4月、新年度ですね。4月の別名は「卯月」(うづき)。この由来は、「卯の花」が咲く月、田植えを始める「植え月」など、諸説あるようです。

今日の秩父は悪天候。辛うじて対岸が見える程度の視界の状態です。今日は現地へ来ているのですが、おそらく昨日以上に冷え込んでいます。
それでも、後半の別のショットでは鳥の声が聞こえてきます。何も見えないこのようなショットでも、鳥の鳴き声が聞こえてくると何だか元気づけられますね。やはり4月、寒くても冬とは違います。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 2009年3月 | トップページ | 2009年5月 »