« 久しぶりの矢竹映像 | トップページ | 小満・蚕起きて桑を食む »

2009年5月20日 (水)

新しき緑輝く

携帯電話向け動画はこちら


眩しいくらいの陽光。いつも観察している葉の形がはっきり見えないほどですね。
これだけ暖かそうな映像、やはりエゾハルゼミの声が聞こえてきます。今日の映像では、近くで鳴いているエゾハルゼミの一連の鳴き方を聞くことができます。図鑑などには「ミョーキン、ミョーキン、ケケケケケ」と鳴く、と書いてあることが多いようですが、これにならえば、今日は何回か「ミョーキン」を繰り返したあと、再生時間15秒あたりで「ミョーキケケケケケケ」となります。

さて、今日までが、立夏末候「竹笋生ず」の候でした。懸案のロボットカメラ七十二候ですが、本候の5日間で特に印象的だったのは、今日のように燦々と降り注ぐ陽光を浴びて輝く新緑の葉でした。「新しき緑輝く」(あたらしきみどり、かがやく) というのはいかがでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 久しぶりの矢竹映像 | トップページ | 小満・蚕起きて桑を食む »

鉄塔カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481369/29719754

この記事へのトラックバック一覧です: 新しき緑輝く:

« 久しぶりの矢竹映像 | トップページ | 小満・蚕起きて桑を食む »