« 怖いくらいの良眺望 | トップページ | 海の日の山 »

2009年7月19日 (日)

薄い陽光と風

携帯電話向け動画はこちら


矢竹よりは良い天気に見えます。薄い陽光で葉がテラテラ光り、風によって揺られています。この映像を見て、どのような感情を抱きますか?
個人的には、例えば7月16日のように、燦々と陽光を浴びた葉が風に揺られる映像は、爽やかさを感じますし、天気が悪いときの風もまた「暴風雨」という言葉もあるように、イメージしやすいです。しかし、今日のようなある意味中途半端な天気のときの風は、現地の状況をなかなかイメージできないのではないでしょうか。もし、このような気象状況のときに現地にいても、それほど特別な感情を抱かないで「自然に」過ごすことができるのでしょうが、それが映像になった途端に、なんとも居心地の悪い感情が湧いてきます。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 怖いくらいの良眺望 | トップページ | 海の日の山 »

鉄塔カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481369/30648594

この記事へのトラックバック一覧です: 薄い陽光と風:

« 怖いくらいの良眺望 | トップページ | 海の日の山 »