« 地始めて凍る | トップページ | 長月 »

2009年11月12日 (木)

目印のパイプ

携帯電話向け動画はこちら


鉄塔カメラも深い霧。ですが、ブナの枝は近くにあるので、相当深い霧の日も観察することができます。ただ、霧の日は遠方が見えず、背景が灰色一色になってしまうので、どのショットがどの部分なのか、さらにわかりにくくなってしまいます。例えば、今日の映像の前半のショットは9月25日の映像の後半のショットと同じ部分なのですが、葉の有無も相俟って、とても同じ部分とは思えません(静止画Bt20091112_2参照)。
そんなときに役に立つのが、後半のショットに映り込んでいるパイプです。これは鉄塔の足場パイプなので、ちょっとやそっとでは位置が変わらないので、ショットの撮影場所を特定するための目印になります。このショットがブナ観察ショットとして位置づけられているのは、このような点で使いやすいという面もあります。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

« 地始めて凍る | トップページ | 長月 »

鉄塔カメラ最新映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481369/32249638

この記事へのトラックバック一覧です: 目印のパイプ:

« 地始めて凍る | トップページ | 長月 »