kazuhiko

2009年7月 7日 (火)

「ロボットカメラ七十二候」一覧

穀雨 初候 「木の芽始めて開く」(きのめ、はじめてひらく)
穀雨 次候 「霜止みて山青む」(しもやみて、やまあおむ)
穀雨 末候 「山桜咲く」(やまざくら、さく)

立夏 初候 「蛙始めて鳴く」(かわず、はじめてなく)
立夏 次候 「蚯蚓出る」(みみず、いずる)
立夏 末候 「新しき緑輝く」(あたらしきみどり、かがやく)

小満 初候 「春蝉始めて鳴く」(はるぜみ、はじめてなく)
小満 次候 「白花栄う」(しらはな、さかう)
小満 末候 「羽虫始めて舞う」(はむし、はじめてまう)

芒種 初候 「雨雲山を覆う」(あまぐも、やまをおおう)
芒種 次候 「鳥霧中に鳴く」(とり、むちゅうになく)
芒種 末候 「皐月の陽眩し」(さつきのひ、まぶし)

夏至 初候 「春蝉雲に隠る」(はるぜみ、くもにかくる)
夏至 次候 「山稜影絵のごとし」(さんりょう、かげえのごとし)
夏至 末候 「半夏生ず」(はんげ、しょうず)

小暑 初候 「温風至る」(あつかぜ、いたる)
小暑 次候 「雨雲天に上る」(あまぐも、そらにのぼる)
小暑 末候 「雨止みて空清し」(あめやみて、そらきよし)

大暑 初候 「大雨時行る」(たいう、ときどきふる)
大暑 次候 「土潤うて溽暑し」(つち、うるおうてむしあつし)
大暑 末候 「夏蝉始めて鳴く」(なつぜみ、はじめてなく)

立秋 初候 「涼風至る」(すずかぜ、いたる)
立秋 次候 「空青く雲白し」(そらあおく、くもしろし)
立秋 末候 「天地始めて粛し」(てんち、はじめてさむし)

処暑 初候 「烏秋の愁いを呼ぶ」(からす、あきのうれいをよぶ)
処暑 次候 「野分時至る」(のわけ、ときどきいたる)
処暑 末候 「秋虫密やかに鳴く」(あきむし、ひそやかになく)

白露 初候 「鳥木の実に群がる」(とり、このみにむらがる)
白露 次候 「鶺鴒鳴く」(せきれい、なく)
白露 末候 「草木の露白し」(くさきのつゆしろし)

秋分 初候 「雷乃ち声を収む」(かみなり、すなわちこえをおさむ)
秋分 次候 「虫蟄れて戸を坏ぐ」(むし、かくれてとをふさぐ)
秋分 末候 「蒙き霧升降」(ふかききり、まとう)

寒露 初候 「秋気空を洗う」(しゅうき、そらをあらう)
寒露 次候 「鹿秋の深まりを嘆く」(しか、あきのふかまりをなげく)
寒露 末候 「楓蔦黄む」(もみじつた、きばむ)

霜降 初候 「霎時施る」(こさめ、ときどきふる)
霜降 次候 「霜始めて降る」(しも、はじめてふる)
霜降 末候 「紅娘陰に集う」(てんとうむし、かげにつどう)

立冬 初候 「朔風葉を払う」(きたかぜ、このはをはらう)
立冬 次候 「地始めて凍る」(ち、はじめてこおる)
立冬 末候 「栗の葉黄ばむ」(くりのは、きばむ)

2008年11月 4日 (火)

紅葉くらべ・ズームイン

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(300キロバイト)

●au
動画はこちら


2002年から2007年までの11月4日の映像を並べてみました。近景比較ショット(9月11日など)の後半、かなりズームインしたショットなので、一本一本の紅葉をじっくり見比べることができると思います。静止画By0901も合わせてご覧ください。
ざっと見渡すと、2003年だけかなり落葉が早いようですね。他の年も、色合いはそれぞれの年、それぞれの木で異なります。じっくり見ると、色々な発見ができそうです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月24日 (金)

過去の10/24

●Docomo、SoftBank
高画質版(500キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


2001年から2007年まで(2005は無し)の10/24の、稜線ショットを並べてみました。

紅葉の進み具合の違いはもちろん、天候や大気の状態の違いも気になるところ。
特に2003年の空気の綺麗さはひときわ目を惹きますね。遠方の山肌がこれほどくっきり見えるのは珍しいです。
紅葉は2001年の色付きが良いように見えますが、いかがでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 9日 (木)

クマタカ?

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


2004年9月9日の映像に、大きな鳥の飛ぶ姿が映っていました。画面上部を旋回するように飛んでいます。これほど長い時間鳥を捉えることができた映像は、まだこれしか見つけていません。
飛んでいるのは、秩父に生息している「クマタカ」だというのが有力ですが、さすがにこれだけ離れていては、確認する術はありません……


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年10月 7日 (火)

夜の山

●Docomo、SoftBank
高画質版(310キロバイト)
低画質版(130キロバイト)

●au
動画はこちら


偶然にも、秋の夜の映像があったのでご紹介します。
2007年10月7日の午後6時頃の映像です。

冒頭でシカの鳴き声のようなものが聞こえますね!
虫の音も、やはり昼間に比べてはっきり聞こえています。

このような映像を見ると、やはり夜の撮影も定期的に行ってみたくなります。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年9月30日 (火)

カンタンの鳴き声

●Docomo、SoftBank
高画質版(420キロバイト)
低画質版(180キロバイト)

●au
動画はこちら


秋のロボットカメラ映像には、しばしば秋の虫の声を聞くことができますが、この映像は特にはっきりとそれを録ることができたものです。
2004年10月12日の映像。鳴いている虫はおそらく「カンタン」ではないかと思われます。
カンタンは淡い黄色をした小さな(体長15センチほど)バッタの仲間で、本州では冷涼な高地などを主な生息地としているようです。このカンタンの鳴き声はかなり人気が高く、「カンタンの鳴き声を聞くツアー」なるものもいくつか存在するようです。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年9月15日 (月)

近景比較ショットの遷移

●Docomo、SoftBank
高画質版(470キロバイト)
低画質版(250キロバイト)

●au
動画はこちら


お馴染みの近景比較ショットについて、1998年、2003年、2007年の「今日」を連続して並べてみました。

天候の違いがあるのはある意味当たり前なのですが、その当たり前のことをこうして説得力のある形で示せることは、とても重要です(例えば、ただ「去年の今日は雨だった!」と言い張られても、完全に信じることは難しいでしょう)。
また、2003年より2007年のほうが沢の水音が大きいですが、これは2007年9月6日夜に秩父付近を通過した台風9号の影響が残っていたためと思われます(1998年は、まだマイクが無かったため無音)。

これだけの年数を隔てて見ると、樹々の生長の跡も垣間見えます。
例えば、右図By0807は上に1998年下に2003年と静止画を並べたものですが、赤矢印部分の間隔が狭くなっています。これは、奥より相対的に若齢な手前の樹々が生長したものと思われます。その証拠に、1998年には見えていた奥の針葉樹の幹(黄丸部分など)が、2003年には手前の樹々に覆われて完全に見えなくなっています。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年9月14日 (日)

雪の比較

●Docomo、SoftBank
高画質版(330キロバイト)
低画質版(170キロバイト)

●au
動画はこちら


左に2003年、右に2007年の同じ日の同じショットを同時に並べた映像です。
これは小学校での環境教育用に作ったもので、テーマは雪の量の違いです。

子どもたちにこの映像を見せると、「地球温暖化だ!」などとも声が上がりましたが、果たして……?


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年9月13日 (土)

近景比較・1日『1/5秒』映像

●Docomo、SoftBank
高画質版(430キロバイト)
低画質版(240キロバイト)

●au
動画はこちら


9月11日に近景比較シリーズが50回目を迎えましたので、節目の記念に今までの50回分を10秒に凝縮した映像を作ってみました。今回は1日がわずか1/5秒と短いため、音声は入っておりません。

スタートが07年10月28日なので、ほぼ1年間を通じた森の風景の変化を見ることができます。ぜひ、何度も繰り返しご覧いただき、いろいろ発見していただければと思います。

今回使用した映像は、30回記念映像の30日分に、
 4月29日
 5月2日5日9日13日16日19日24日27日
 6月6日9日13日24日
 7月1日14日30日
 8月3日10日15日
 9月11日
の20日分が新たに加わりました。


PC向け動画ダウンロードはこちらから

2008年9月12日 (金)

紅葉の兆し?

●Docomo、SoftBank
高画質版(480キロバイト)
低画質版(230キロバイト)

●au
動画はこちら


4年前(2004年)の今日の映像です。遠景比較ショットですね(最新は8月31日)。今回の映像はいつもより高画質なので、じっくりと観察できます。よく見てみると、広葉樹がなんとなく赤っぽく変わってきているようにも見えます。
ちなみに、2004年は近年の中でも一段と紅葉が綺麗だった年です(2004年11月3日など参照)。2008年の紅葉はどのようになるでしょうか?


PC向け動画ダウンロードはこちらから